MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『ようこそ映画音響の世界へ』トークショー付き試写会イベントレポート!!

あの音はどうやって作られたのか?
ハリウッド100年の音の歴史を網羅!
『ようこそ映画音響の世界へ』
トークショー付き試写会イベントレポートが到着!!

ハリウッドの映画音響にフォーカスした世界初のドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界へ』が、8月28日(金)より全国順次公開となる。

本作は、世界的に活躍する映画監督たちや、『スター・ウォーズ』(77)などを手掛けたベン・バート、『地獄の黙示録』(79)などで知られるウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』(93)などに携わったゲイリー・ライドストロームといった映画音響界のレジェンドを始めとした、その道のスペシャリストたちへのインタビューと共に、“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく感動と興奮のドキュメンタリーだ。

そんな本作だが、8月25日(火)に公開記念トーク付き試写会が開催され、ゲストには放送作家の町山広美さんが登壇。多数の応募の中から抽選で選ばれた25名が参加し、イベントは下北沢のカフェサンデーブランチで行われた。

町山さんはまず本作について、「音が映画においてどのような役割を果たしているか分かりやすく知ることが出来ると述べられ、観賞後は映画館で映画がより見たくなると」熱い感想を語った。続けて「普段聞こえている音にどのような工夫を施しているか今まで以上に注目するようになるため、映画館で映画を見ることがより楽しくなる」ともコメント。

更に自身が特に音の存在を感じた映画として、ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』を挙げた。当時学生だった町山さんは、恐怖のあまり画面を直視することが出来ず、音だけを聞いていたという。ゾンビが人を食べる“ムシャムシャ”という音が特に印象的で、あまりの恐怖に最後まで作品を見ることが出来なかったとのこと。後に改めて作品を観た際はあまり怖く感じなかったとの事だが、音がもたらす効果と人の想像力のすごさを感じるエピソードだったと笑顔で語られた。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ハリウッドでは4割ものスタッフが失業する事態となっているが、同じような状況が1960年代にもあったと語る町山さん。当時のハリウッドは逆境を跳ねのけてさらに躍進することになるが、今回も最悪の状況を乗り越えた先には何か新たな変革が起きるのではと期待の声を寄せられた。また、本作に登場する音響技術者の声が全員良い声で印象的だったと笑顔で語り、説明も聞きやすかったと述べられた。

トークショーの後半、この映画を観た後にぜひ見て欲しい作品として、フランシス・フォード・コッポラ監督の『カンバセーション…盗聴…』などを挙げられた町山さん。最後に試写会に集まった観客に向けて、映画館でもう一度本作を見て欲しいと熱く語りイベントは大盛況の中終了した。

【スタッフ】
監督:ミッジ・コスティン

【出演】
ウォルター・マーチ、ベン・バート、ゲイリー・ライドストローム、ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・リンチ、アン・リー、ライアン・クーグラー、ソフィア・コッポラ、アルフォンソ・キュアロン、クリストファー・ノーラン、バーブラ・ストライサンド

2019年/アメリカ/94分/カラー/ビスタ/5.1ch

© 2019 Ain’t Heard Nothin’ Yet Corp.All Rights Reserved.

映画公式HP:http://eigaonkyo.com/