MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『ヤクザと家族 The Family』特報、ティザーポスター、追加キャスト解禁

綾野剛&舘ひろし初共演×『新聞記者』スタッフ再集結
変わりゆく3つの時代を描く壮大なクロニクル
『ヤクザと家族 The Family』
特報、ティザーポスター、追加キャスト解禁!

第43回日本アカデミー賞で主要部門三冠受賞(最優秀作品賞、最優秀男優賞、最優秀女優賞)に輝いた『新聞記者』の藤井道人監督と、『あゝ、荒野』(17)、『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)など、話題作を世に送り出している映画会社スターサンズの新たなタッグ作『ヤクザと家族 The Family』が2021年に公開する。今回、本作の特報映像、ティザーポスター、追加キャスト情報が解禁された。

藤井道人監督が自ら手掛けたオリジナル脚本で挑む本作のテーマは「ヤクザ」。本作ついて藤井監督は「変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品です。」と語る。1999年、2005年、2019年、変わりゆく3つの時代の価値観で切り取ることで、男たちの生き様を描いた本作は、時間の流れの中で【家族・ファミリー】の存在が浮かび上がってくる壮大なクロニクル(年代記)でありつつ、俳優たちの熱演に心奪われる一級のスタイリッシュ・エンタテインメント作品になっている。

少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じる。

解禁された特報映像は、これまでのヤクザ映画とは一線を画し、血生臭さを感じるものではないスタイリッシュな映像に【家族】というキーワードが突き刺さる予告に仕上がっている。時代と共に揺れ動く一介のヤクザ・山本の機微を全身全力で演じる綾野、ヤクザの組長の貫録を見せつけながらも、懐の深さを魅せる柴咲を演じた舘。最後に二人が交わす抱擁と柴咲が流す涙の意味とは?前半は、1999年代の綾野演じる山本と、舘演じる柴咲との出会いを断片的に見せ、後半は、2005年代のヤクザとして男をあげていく山本の激動の人生が映し出される。

野剛自身が「渾身の作品」と語ったことが思い出される、思わず心揺さぶられる映像に注目。そして今回初解禁となる豪華キャストらも登場し、映画の世界観を彩っている。

学費を払う為に山本のクラブで働き、後に山本の恋人となる工藤由香役に尾野真千子。山本の兄貴分にして柴咲組の若頭・中村努役は、『新聞記者』に続き藤井組への出演を果たした北村有起哉。同じく柴咲組の組員で、少年期から山本とつるんでいた悪友の一人で、共にヤクザの世界へ足を踏み入れる細野竜太役を市原隼人。柴咲組のシノギを手伝い、特に山本を羨望の眼差しでみている愛子の息子・木村翼役に磯村勇斗。その他柴咲組の組員の竹田誠役に、ベテラン俳優&名バイプレーヤーで絶大なる安定感を誇る菅田俊と、豊島徹也役に康すおん。山本や細野と共に組に入る大原幸平役に二ノ宮隆太郎。更には、昔から柴咲組と抗争を繰り返す侠葉会の組長で、時代と共に経済ヤクザとして台頭する加藤雅敏役には豊原功補。侠葉会・加藤の下で若頭補佐として、何かにつけ山本につっかかる川山礼二役に駿河太郎。組同士の抗争に目を光らせているようで、裏で侠葉会と癒着する静岡県警組織犯罪対策本部の刑事・大迫和彦役には岩松了。そして柴咲組の元頭・木村の妻で、親を亡くした山本を温かい目で見守る木村愛子役を寺島しのぶが演じる。

<キャストコメント>

工藤由香役:尾野真千子
渾身の作品が生まれました。現場では今までに感じた事の無い鼓動の連続で、毎日が走馬灯のようでした。果てしなく目を背けたくなるような残酷さと、その体温を永遠と抱きしめ続けたくなるような心地よさ。これが”家族”なのかと。母、親父、兄弟、愛した女。過去から現在、人権と時代。そしてこれからの未来を生き抜く子供たち。私達、藤井組は、その全てをひとつの映画に込めました。幾度もの難関にも映画は私達を見放さず、見つめ続け、救ってくれた。映画は私達にとって最後の”家族”です。スタッフ、キャスト、家族のみんなで乗り越え導き出した愛の結晶。それが「ヤクザと家族 The Family」です。どうか、どうか。家族を大切に。

中村努役:北村有起哉
このたび藤井監督にふたたびお招きいただきました。本当に素直に嬉しかったです。新聞記者の次はヤクザなんですね、役者冥利につきます。これまでに星の数ほどの任侠映画がありましたが、このヤクザ映画はタイトル通り、家族のお話です。怒鳴りあったり暴力シーンもあります。しかし、もがいてあがいていく時代おくれの登場人物達に少しでも愛着を抱き、そして束の間任侠映画というジャンルを忘れていただければ、この映画の本質が浮き彫りになると信じてます。

細野竜太役:市原隼人
役者として自分と向き合う中でこの作品に出会えてよかったです。映画ってこうあるべきなんだなと。今回の現場に自分が求めていたものがありました。役者だけでは作れない環境と技術だけではなしえないものが、映像に必ず残っていると思います。自然と気負うことなくあふれ出てくる現場は後にも先にもないと思いますし、濃い充実した日々が送れました。生涯輝き続ける色褪せることのない作品ですので、楽しみにしていてください。

木村翼役:磯村勇斗
出演が決まった時、嬉しさと同時に目の前に一枚の壁が立ちはだかった感覚でした。この壁を乗り越えなければならない。そんな燃え上がる思いで挑みました。翼の役と向き合っていく中で、監督はシンクロする瞬間を大事にしていたと思います。役、相手、空気感と。だから毎シーン気が抜けない。でも気持ちのいい緊張感がありました。そして何より綾野剛さんが正面から向き合って下さったことで翼という人間が作れたと思います。映画の世界はこんなにも素敵な場所なんだと肌で感じました。俳優とは?お芝居とは?をもう一度考える機会を頂けた大切な作品です。

木村愛子役:寺島しのぶ
3つの時代の中で変わりゆくオモニ食堂で撮影し、この場所にすごく愛着がわきました。時代ごとにセットや色も変わって、時を重ねる中で演じることができました。毎日監督と一緒に過ごして何とか監督の思っているように演じたいと思いました。難しいと感じながら演じていた日々でしたので、完成した映像でうまく表現されていたら嬉しいです。

【ストーリー】
ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる壮大なヒューマンストーリー。1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。2005年、短気な面もあるが一本気さのある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

【キャスト】
綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮龍太郎、駿河太郎、岩松了、豊原功補、寺島しのぶ

【スタッフ】
監督・脚本:藤井道人
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

公式HP:yakuzatokazoku.com