【NEWS!!】#アナと世界の終わり 10代の頃って、ずっと何かを、誰かを探している… 「自分の道を見つけたい!ここから抜け出さなきゃ」 思春期の想いをぶちまけろ!本編映像解禁 #ゾンビ映画 #ミュージカル

サブ3

歌って♪踊って♪腐った人生から抜け出せ!
熱唱ミュージカルシーン初解禁!

5月31日より全国で公開となる映画『アナと世界の終わり』は、世界各国のファンタスティック映画祭で上映され、映画ファンの心を鷲掴みにした作品。スペイン「シッチェス・カタロニア国際映画祭」では、ミッドナイト・エクストリーム部門で最優秀作品賞を受賞!そのほか、アメリカ「ファンタスティック・フェスト」やオランダ「アムステルダムド映画祭」、韓国「プチョン国際ファンタスティック映画祭」などの映画祭で上映され国境を越え話題沸騰!海外の批評家からは、“『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ラ・ラ・ランド』の出会い!”と評され、前代未聞となる<ゾンビ>と<ミュージカル>の融合という新たなジャンルが衝撃を与えた。さらに、辛口映画批評サイト「ロッテントマト」で77%フレッシュを記録、観客からの評価も74%と高評価を得ており、まさに映画ファン必見の一作となっている。

そんな「アナせか」から熱唱ミュージカルシーン映像が解禁された。

父親と2人で平凡に暮らしパッとしない毎日に飽き飽きしている女子高生・アナ(エラ・ハント)。そんな彼女はこの田舎町から早く抜け出したい!と切に願い、父に内緒で海外への旅の資金をコツコツ、アルバイトで貯めていた。

アナせか

ある日、ひょんなことから旅の計画を父親であるトニー(マーク・ベントン)にバレてしまう。大事な一人娘が心配で気が気でないトニー!そんな父を疎ましく思い「子どもじゃない!」と突き放すアナ。この思春期あるあるの言動は、誰もが一度は通ってきた道。共感せずにはいられない!今回解禁する映像は、アナがオーストラリア行きのチケットを見つめながら考えにふけるシーンからスタートする。「いつものベッドで死んでるように目を覚ます」とつまらない毎日を嘆き、歌いだすアナを筆頭に、冴えないクラスメイトジョン(マルコム・カミング) 、ステフ(サラ・スワイヤー)も続けて未知の広い世界へ飛び出したいと歌いだす。未来に悩み、答え探しにもがく彼らの歌は、きっとあらゆる世代の心に響くはずだ!果たして彼らは自分の道を見つけることができるのか!?青春期の心の叫びとも言える歌詞の方にも注目!続きは今回解禁される動画で確認していただき、ぜひ劇場で負け組高校生たちの成長を見届けて下さい!

監督:ジョン・マクフェール

脚本:アラン・マクドナルド、ライアン・マクヘンリー

音楽:ロディ・ハート、トミー・ライリー

出演:エラ・ハント、マルコム・カミング、サラ・スワイヤー、クリストファー・ルヴォー、ベン・ウィギンズ他

公式サイト:anaseka-movie.jp

配給:ポニーキャニオン

PG12 

ページトップへ