MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦。女刑事の激情と哀愁!『ストレイ・ドッグ』本ビジュアル&予告編解禁!

女刑事の激情と哀愁を描くネオ・ノワール
『ストレイ・ドッグ』
本ビジュアル&予告編解禁!

オスカー女優ニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦し、ゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートを果たした最新作『ストレイ・ドッグ』が10月23日(金)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開されることが決定。それに際して本ビジュアルと予告編が解禁された。

今回解禁となった本ビジュアルでは、「あとひとつ、やり残したことがある…」というキャッチコピーと共に、意を決した表情のエリンが拳銃を構えた哀愁漂うビジュアルとなっている。 また予告編では、「お前は飢えている。お前は飢えたノラ犬だ」とエリンに呼びかけるシーン から始まる。放水路のそばで死亡している射殺体の首には3つの丸いタトゥー、その傍らには38口径の拳銃と紫色に染まった1枚のドル紙幣が。そして署に戻ったエリンとのもとには、 殺人現場と同じ汚れた紙幣が届いていたのだった。17年前「潜入捜査官」だったエリンは、 取り返しのつかない過ちを犯し捜査は失敗に終わる。その罪悪感が17年後の今もなお彼女 の心を蝕み続けていた。「復讐か、贖罪か―。」過去に決着をつけるためエリンは動き出す。

主人公の刑事エリン役のニコール・キッドマンは、特殊メイクを施して顔かたちを変え、激しい暴力シーンや銃撃戦にも臆せず、かつてない汚れ役に挑戦。キャラクターに複雑な陰影を与えたその演技は、全米マスコミから大きな注目を集め、「こんなキッドマンは見たことが ない」と絶賛を呼び、2019年ゴールデングローブ賞・主演女優賞にノミネート。そのチャレンジ精神と演技力は高く評価された。

メガホンをとったのは日系女性監督カリン・クサマ。脚本を読んで役を熱望したニコールと四つに組み、強烈かつ緊張感みなぎる演出でドラマを牽引。同じくロサンゼルスを舞台にした 『L.A.大捜査線/狼たちの街』『ヒート』『ドライヴ』などの傑作に連なる LAノワールの世界を強烈なタッチで描き上げた。

『ストレイ・ドッグ』は10月23日より公開。

【ストーリー】
ロサンゼルス市警の女性刑事エリン・ベルは、酒におぼれ、同僚や別れた夫、16歳の娘からも疎まれる人生を送っている。17年前、FBI捜査官クリスとともに犯罪組織に潜入捜査をしていたエリンは、そこで取り返しのつかない過ちを犯して捜査に失敗し、その罪悪感にいまも彼女は苛まれていた。そんな彼女のもとに、ある日、差出人不明の封筒が届く。中には紫色に染まった1ドル紙幣が入っており、それは行方をくらませた17年前の事件の主犯からの挑戦状だった。


【キャスト】
ニコール・キッドマン、トビー・ケベル ほか

【スタッフ】
監督:カリン・クサマ
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
(C)2018 30WEST Destroyer, LLC.

映画公式HP:https://www.destroyer.jp/