MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【海外エンタメニュース】第77回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門作品が発表!黒沢清監督作品がコンペ入り!


9月2日より開催を予定している第77回ヴェネツィア国際映画祭だが、そのコンペティション部門出品作品が発表された。今回コンペティション部門に入った作品は18本だ。今回の審査員長は女優のケイト・ブランシェットが務める。

近年のヴェネツィア国際映画祭は金獅子賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』、『ROMA/ローマ』、『ジョーカー』がアカデミー賞でも多数賞を受賞するなど、アカデミー賞を占う重要な映画祭として、注目が特に高まっている。

そんなヴェネツィア国際映画祭だが、日本映画も1本コンペ部門入りを果たした。黒沢清監督最新作『スパイの妻』が見事にコンペティション部門出品が決定。蒼井優と高橋一生が出演する同作は太平洋戦争前夜の兵庫・神戸を舞台にした本作は、連合国のスパイと疑われる貿易商とその妻の姿を描く物語だ。黒沢清監督は過去にヴェネツィア国際映画祭には『叫』『贖罪』が選出されているが、いずれもコンペ部門ではなかった。

他の注目作はMCU作品『The Eternals』の監督に抜擢されたクロエ・ジャオの新作『Nomadland』で、フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーンという実力派俳優が共演する。他にも金獅子賞を受賞した『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』を監督したジャンフランコ・ロッシの新作もコンペ入りした。

第77回ヴェネツィア国際映画祭は9月2日~9月12日の期間で開催される。

コンペティション部門出品作品リスト(英題表記)
・『And Tomrrow the Entire World』(ドイツ・フランス)
 監督:Julia von Heinz

・『Dear Comrades』(ロシア)
 監督:アンドレイ・コンチャロフスキー

・『The Disciple』(インド)
 監督:Chaitanya Tamhane

・『In Between Dying』(アゼルバイジャン・アメリカ)
 監督:Hilal Baydarov

・『Laila in Haifa』(イスラエル・フランス)
 監督:アモス・ギタイ

・『Lovers』(フランス)
 監督:ニコール・ガルシア

・『Miss Marx』(イタリア・ベルギー)
 監督:Susanna Nicchiarelli

・『Never Gonna Snow Again』(ポーランド・ドイツ)
 監督:Malgorzata Szumowska、Michal Englert

・『Nocturnal』(イタリア)
 監督:ジャングランコ・ロッシ

・『Nomadland』(アメリカ)
 監督:クロエ・ジャオ

・『Nuevo Ordem』(メキシコ・フランス)
 監督:ミシェル・フランコ

・『Padrenostro』(イタリア)
 監督:Claudio Noce

・『Pieces of a Woman』(カナダ・ハンガリー)
 監督:Kornel Mundruczo

・『Quo Vadis, Aida?』(ボスニアヘルツェゴヴィア・ルーマニア・オーストリア・オランダ・フランス・ポーランド・ドイツ)
 監督:ヤスミラ・ジュバニッチ

・『Le sorelle Macaluso』(イタリア)
 監督:Emma Dante

・『スパイの妻』(日本)
 監督:黒沢清

・『Sun Children』(イラン)
 監督:マジッド・マジディ

・『The World to Coma』(アメリカ)
 監督:Mona Fastvold

記事元:https://deadline.com/2020/07/venice-film-festival-2020-lineup-full-list-1202996720/
映画祭公式HP:https://www.labiennale.org/en/cinema/2020