【海外エンタメニュース】『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットのティーザートレーラーが公開!

今世界中の映画ファンが待ち望んでいる『ジャスティス・リーグ』の本来の姿、通称”スナイダー・カット”。そのスナイダー・カット版の最新のティーザートレーラーがHBO Maxより公開された。

screen-shot-2020-06-18-at-4-08-08-pm-1592510948

トレーラーで確認できるのは、ジェシー・アイゼンバーグ演じるレックス・ルーサーの声だ。このセリフは『バットマン vs スーパーマン』のエンディングで放ったセリフで、そのセリフが流れる中、ワンダーウーマンことダイアナが、劇場公開版ではカットされてしまったヴィラン、ダークサイドの存在を知る。その表情はどこか不安げで、恐怖すら感じているようにも見える。そして最後には地獄のような場所に立つ一人のヴィラン、ダークサイドの姿を確認することができる。

EZBs9BgVcAEvX4-

「ダークサイド」とは宇宙のすべてを支配し、すべての生命を奴隷にしようと目論むヴィラン。劇場公開版でメインヴィランとなったステッペンウルフも、コミックではこのダークサイドの親類にして配下となっている。まさに最強のヴィランだ。

ザック・スナイダーが2021年にスナイダー・カットがHBO Maxで配信されることを発表したのが先月という中で公開された今回のトレーラー。4時間の映画になるのか、それとも6話のミニシリーズになるかはまだ発表されていない。

スナイダーはこのスナイダー・カットについて「全く新しいもの、特に劇場公開版を観た人にはね。全く新しい体験になると思うよ。」とコメントを残している。

色々と気になる情報が出てきている『ジャスティス・リーグ』。引き続きその動向から目が離せない。

記事元:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/zack-snyder-unveils-first-teaser-his-justice-league-cut-1299193

ページトップへ