【NEWS!!】 横浜流星、今年の漢字は「縁」! 「本当にたくさんの縁を感じた」と主演映画の完成に感謝 #清原果耶 #飯島寛騎 #成海璃子 #財前直見 #愛唄 ー約束のナクヒトー

640

豪華キャストが集合!それぞれが今年の漢字を披露!
映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』完成披露上映会レポート

 映画『愛唄  ー約束のナクヒトー』の完成披露上映会が丸の内TOEIで行われ、映画に出演した横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、そして川村泰祐監督らが登壇した。

 名曲「愛唄」が流れる中、キャスト陣 が客席の間を通って登場すると、場内は黄色い歓声に包まれた。主演の横浜は「本日いち早く皆さんにこの作品を観てもらえることを嬉しく思います」と 緊張した面持ちで感謝の言葉を述べた。続いて清原が「この作品に影響されて人生観が変わりました」と落ち着いた口調で映画をアピールする一方、飯 島は「ようやく皆さんに見てもらえるきっかけが…きっかけじゃないや!」と会場に明るい笑いを誘い、劇中の3人と同じ、三者三様の個性を見せつけた。

GReeeeN×映画のプロジェクト第2弾となる本作について聞かれると、横浜は「主演という立場で、GReeeeNさんが伝えたいことを一生懸命伝えなきゃいけないというプレッシャーもありました」と、不安を漏らす一方で、MCから「きょうの衣装は“グリーン”?」と聞かれると「GReeeeNにしました!もちろ ん!」と断言し、主演として並々ならぬ意気込みを堂々と見せつけた。清原は自身が演じた詩人・凪という役について「凪が発する言葉のひとつひとつ、 全てに意味がこもってしまう。色んな人に与える影響の大きさを自覚してお芝居をしました」とコメント。それに対し川村監督は「GReeeeNの伝えたいことを凪の言葉に集約して詰め込んでいるので、そのあたりを楽しんでもらえれば」と見どころを語った。また、元ミュージシャンの龍也を演じるため、未経験 だったをギターを撮影の約1か月半前から猛練習を行った飯島は「コードを覚えて、Fの壁にぶつかって…正直めちゃくちゃ大変でした」と苦労を語ったが、 飯島が「愛唄」を唄うシーンについて清原は「私は出演していないんですけど、監督の隣でモニターを見ていて、なぜか私だけボロボロ泣いちゃって」と、 努力の実った感動的なシーンになったと語った。

1210 愛唄%E3%80%80舞台挨拶サブ

横浜とのシーンが多かった成海は「深夜の撮影が多くて横浜くんがウトウトしてることが多くて、起こそうと思ってマジカルバナナやったり」と、懐かしの ゲームで現場が和気あいあいとした雰囲気だったことを明かした。財前は横浜・清原・飯島の3人について「可愛いんですよこの3人が!とってもピュア で。本当に青春してるんだなって伝わってきました」と母親目線で作品への愛を語った。

また、清水寺で間もなく発表される「今年の漢字」にちなみ、登壇者それぞれの今年1年を表す漢字を発表。清原は『学』をいう漢字を選び、「今年一年 様々な作品に携わらせていただいて、それぞれの現場でたくさん学ぶことがあったので今年1年は学びの年」と高校生ながらもしっかりとした受け答えを 見せると、すかさず飯島が「すごすぎて僕5コ上ですけど見習わなきゃ!って、現場で勉強させてもらったんですよ」と尊敬の眼差しを見せた。そして最後に横浜が選んだのは「縁」とい う漢字。「まさにこの作品もそうですけど『キセキ』でご一緒した方々とまたこうしてご一緒できたし、監督とは違う作品でもご一緒させていただいた。今年 はJINさんにプロデュースしてもらってアーティストデビューもして、本当にたくさんの縁を感じたので、その縁に感謝して来年も人との出会いを大切にし ていきたい」と述べると、清原から「縁って全部つながっていること、でもそれって当たり前じゃない「キセキ」だったりするの、で、いいんじゃないです か!」とGReeeeNの曲名をもじった気の利いたコメントで統括し、チームワークの良さを見せつけた。ちなみに飯島の漢字は役柄にまつわる「音」、成海 の漢字は一年中いろいろなことで稽古をしたという所から「稽」、今年一年、色々な作品で母親役を演じた財前は「母」、川村監督は感謝の気持ちを込め、 作品にまつわる「愛」と答えた。

1210 愛唄%E3%80%80%E3%80%80舞台挨拶メイン

最後に主演を務めた横浜から「たくさん皆さんに少しでもメッセージが届けばいいなと思うし、心に響くようなことがあれば嬉しいです。今日は泣いて帰ってください!」と会場の観客へメッセージが送られ、舞台挨拶は終了した。

『愛唄 —約束のナクヒト—』は1月25日(金)より全国公開される。

《ストーリー》
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。あいつがくれた恋する勇気。あの子くれた、生きる意味。僕を変えた二つの出逢いが今、一つの奇跡を起こす。 平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの 旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた 運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。 終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。
その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー

出演:横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 成海璃子 中山美穂(特別出演)  富田靖子 財前直見 他
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeNと清水匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック)
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあの日のソビトー』
配給:東映
公式HP:aiuta-movie.jp

ページトップへ