MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

「死んだ恋人が生き返ってきたら、アナタ本当に幸せですか?」 異色のラブストーリー『Last Lover ラストラバー』を、生み出した岡元雄作監督・安藤慶一のタッグが語る撮影の裏側

1月31日に公開が迫った映画『Last Lover ラストラバー』。不慮の事故で死んでしまった恋人が幽霊として帰ってきたことで、主人公・美優の周りで奇妙な現象が起きることを描いた、異色のホラーラブストーリーだ。既に海外の映画祭でも賞を受賞するなど、話題になっている本作。前回は岡元監督の本作製作にあたっての想いを語っていただいたが、今回は主演の安藤慶一と共にオーディションや撮影時のエピソードを語っていただいた。

取材:梅崎慎也(ムービーマービー編集部)

基本的に2人のアドリブを重要視した

ーキャストの方はオーディションで決めたとのことですが、安藤さんもオーディションを受けたんですか?

安藤慶一(以下“安藤”表記):そうです。僕はSNSで募集しているのを見て、事務所と打診して主演だったらやりたいですって、応募させてもらいました。

岡元:企画の発端が母親を追悼したいって言う想いからだったので、有名プロデューサーとか監督とか沢山の方が拡散してくれて。おかげで結構良いレベルの人も来てくれたんですよ。誰とは言えないですけど(笑)その中からちゃんとオーディションでお芝居を見て、これだという人を選びました。

LastLover_002

ー主人公の美優を演じた優美早紀さんを選んだ理由はどんなところですか?

岡元:優美さんも安藤さんも恋人役のお芝居が本当に上手くて。オーディションでは二人一組にして、男女カップルで恋人役を即興でやってもらったんです。二人がけのラブソファーに座っていただいて、「普段の家でイチャイチャしているようなことを、見ているこっちが恥ずかしくなるぐらいの物を見せて下さい」とお願いしました(笑)2人の演技が本当の恋人だと思うぐらい上手くて。それで決定したんです。

ー本編でも2人は見てるこっちが恥ずかしくなるレベルでした(笑)

岡元:それが正解ですね(笑)あれを見て、恋人がいない人が見たら凹むって言ってました。こんなイチャイチャ出来て良いなって。結構アドリブが多かったんですよ。台本はもちろんあるんですけど、基本的には2人のアドリブを重要視していたので。決まったセリフの間だったりとか後は、自由に演じて下さいって伝えていました。その方がリアルな感じが出ると思ったんです。

XoEe5nee

毎回毎回で新鮮な芝居を撮りたかった

ー安藤さんが演じる光希は映画のほとんどが地縛霊の設定で取り憑いた家から出れないじゃないですか。ずっと同じシチュエーションで演じ続けるのって辛くないですか?

安藤:それは本当に大変でしたね。ライティングで昼と夜の違いくらいしか出せないですし、小道具が置いてあるので物ボケじゃないですけど、それを使ってを芝居するか、優美さんからフリをもらうとかで変化を付けていくしかなかったですね。

ーしかも部屋のシーンはカメラの位置もかなり固定されてましたよね?

岡元:そうなんです!あのアングルは結構狙いがあって、アドリブを生かすためにはカットが割れないんですよね。同じ芝居を毎回するんじゃなくて、毎回毎回で新鮮な芝居を撮りたいっていうのがあったので。必然的にワンカットになっていきました。ちょっと意識したのは小津安二郎監督とか、ローアングルでフィックスでワンカットっていうのが多いので、生っぽさを出すためにそれは良いなって、狙いでやりました。

ー演じた中で思い入れのあるシーンってありますか?外に出れない分かなり限定されると思ういますが。

安藤:印象的だったのはやっぱりエチュードのシーンですね。台本で「ゲームをしてる2人」とか「料理を作る2人」とかしか書いてなくて、これはどうしようって悩みました。脚本では一行で書かれてますけど、長回しが3分とか5分とかあったりするので、もう頭フルに回転させて色々な小道具を使って、ギャグだったりイタズラしたりとか考えましたね。光希って役者志望の役なので映画が好きだろうなって思って、昔の映画からネタを引っ張ってきたり。『キャスパー』とか「アイル・ビー・バック」っていうセリフとか、28歳ぐらいの設定なので、昔お父さんから見せられた80年代の、『ゴースト・バスターズ』とかその辺の映画にインスピレーションを得て、小出しにして行ったって感じですね。常にギャグが古いんですよ。

岡元:あ、そういうことがあったんですね。「何でこんなにギャグが古いんだろう」って思ってたんだけど役作りだったんですね。

ー監督は知らなかったんですか!?てっきり監督が演出しているのだと思ってました。

岡元:知らなかったです(笑)この人何でこんな古いギャグ出してくるんだろうって、ずっと不思議に思っていました(笑)

安藤:自由にやって良いよって言われてましたから。

岡元:始めのオーディションのエチュードがそれが一番良かったんで、演出するところと任せたほうが良いところと分けたほうが良いなと思ったんです。多分役者に投げたほうが面白くなるって思った部分は全部投げましたね。

より人間味のある幽霊にしたかった

ー共演の優美さんとは細かい打ち合わせをしたんですか?

安藤:僕は話し合うのが好きじゃないんですよ。予定調和になっちゃうので。優美さんは結構話し合うタイプだったので、それも良かったのかなって。2人とも話し合うタイプだったらもっと違う演技になっていたと思うんですけど、向こうはちゃんと真っ直ぐを投げてきているのに対して、僕は横槍とか、カーブを投げたりするので、それに対応してもらってって言う感じで。良い雰囲気でできたんじゃないかなと思いますね。

ー生きている時と幽霊の時で演じ分けとか、変化をどうやって付けようと思いました?

岡元:そこはあえて変えていないんですよね。けっこう幽霊の描き方って、これまでは怨念的なワンパターンな霊しかいなかったなって思ったので、もっと人間味のある嫉妬したりする霊がいても良いんじゃないかなって思ったんです。だから普通に暮らしている2人って言うのを逆に描きたかったんですよね。一見、幽霊って思えないような、普通の生活の方が後々の切なさは増すだろうなって。

b3877358-b198-4d00-8f6a-f2003ef54803

ーロサンゼルスの映画祭に参加されたそうですが、反応はどうでしたか?

安藤:ロサンゼルスは地元紙が僕の特集を組んでくれたんですよ!

岡元:見開きの半分は映画祭の作品とかのことで、もう半分は安藤さんの特集記事でした。とても褒めてくれて嬉しかったですね。

ー最後に岡元監督にお伺いしたんですけど、次回作の予定はあるんですか?

岡元:短編映画を撮ったばかりで、テラスハウスの春花さんと柾木玲弥さんが主演の「失顔」っていうタイトルです。人の顔を認識できない失顔症っていう障害があるんですけど、自分の母親や父親のことも顔で認識できないっていう障害のことで、その障害をテーマにした作品を作っています。

LastLover_003

岡元監督にとってはもちろん、出演した安藤慶一にとっても特別な作品であることを感じさせるインタビューであった。2人とも今盛り上がりを見せる日本映画のインディーズ作品、その旗手になるだろうと感じさせるぐらいに、映画に対して熱い想いを語ってくれた。

『Last Lover ラストラバー』は本日よりテアトル新宿で2週間限定レイトショーにて公開。

 

LastLover_001

左:岡元雄作(おかもと ゆうさく)
1980年新潟県生まれ。映画監督、CMディレクター。株式会社アストロサウンドウィッチ・ピクチャーズ代表取締役。映画・TVCM・MV・番組・ドラマ等の制作を行う。代表作に『Last Lover ラストラバー』、田畑智子・山中崇主演の長編映画『Music Of My Life』、ENBUゼミナールシネマプロジェクト第7弾で工藤綾乃主演の長編映画『きみはなにも悪くないよ』、升毅・朝加真由美主演の『不旋律のソナタ』、岡本夏美主演の『HANA』等。その他国内外多数の映画祭でグランプリを受賞。ディレクターとしては、King & Prince 「memorial」初回特典番組「メモリアルケーキを作ろう」、ライフスタイルアプリ「LOCARI」TVCM、「日本テクノ」TVCM、等多数ディレクション。

右:安藤慶一(あんどう けいいち)
俳優として舞台を10数本経験しているが、ロミオ役、ハムレット役など、初舞台からほぼ主演をつとめている。2014年のミスター・ワールド実行委員長賞受賞。2015年のミスター・ワールドではWebジェニック賞を受賞。2016年のミスター・ワールドでは特別賞を受賞。3年連続は日本初。現在は俳優・モデルとして日本のみならず海外にも活躍の幅を広げている。

d236ded3f28af90a

【あらすじ】
朝、美優が目を覚ますと隣いるはずの光希がおらず、いつもふざけている光希のイタズラかと思った美優だったが、光希は夜間運転の事故で亡くなっていた。それ以来、美優の周囲で殺人事件や怪奇現象が起こりはじめ、美優は先輩の小西に相談する。真面目で親身になってくれる小西に次第にひかれていく美優だったが、そんなある日、美優に未練のある光希が地縛霊となって現れ……。

【キャスト】
優美早紀、安藤慶一、新井敬太、金久保マユ 他

【スタッフ】
監督・脚本・製作・撮影・編集:岡元雄作

公式HP:http://lastlover.jp/

2020年1月31日よりテアトル新宿にて2週間限定レイトショー公開!!