決して他人事ではない・・・『リチャード・ジュエル』特別ティーチインイベントレポート

第二、第三の被害者は必ず現れる
『リチャード・ジュエル』
メディアのあり方を問う特別イベントレポート

_AAA0242

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、明日1月17日(金)より公開される。SNSが人々の生活に根付き、姿なき誹謗中傷が蔓延する現代社会。誰もが「被害者」や、あるいは「加害者」になりえる今の世の中へ、2020年で90歳を迎える映画界の巨匠クリント・イーストウッドが警鐘を鳴らす本作。

このたび、ジャーナリストや科捜研心理学分野などを目指している学生に向けた、ティーチインイベントを開催。ジャーナリストでありNHKで約30年の取材歴やキャスター、コメンテーターとして活躍されている柳澤秀夫さんと元警察官で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんをゲストに招き、Business Insider Japan統括編集長であり、テレビ朝日「モーニングショー」にもご出演されている浜田敬子さんが進行、それぞれの観点から犯罪報道のありかた、冤罪について、そしてゴーン被告の主張によりいま議論が沸騰中の“司法制度”、“取り調べ”についても語ります。リチャード・ジュエル本人へ取材し「英雄から爆弾犯にされて」、「メディアリンチ」を執筆したジャーナリストの浅野健一さんもサプライズ登壇し、学生からの質問に答えていく特別講義を開講した。
The Ballad of Richard Jewell

イベントのMCはBusiness Insider Japanの統括編集長である浜田敬子さん。「アトランタ五輪の時には、週刊朝日の編集部に所属しており本作の爆破事件が大きな話題になったことも記憶していましたが、裏でこんなことがあったとは全く知りませんでした」と語り、ゲストである柳澤秀夫さんと小川泰平さんを呼び込むと、映画本編を見終えたばかりの生徒たちからは大きな拍手が起きた。柳澤さんは「今から43年前の1977年に、NHKの記者としてこの世界に足を踏み入れました。最初の勤務地は横浜で警察回りをしていました。その記憶をたどりながら、今日は正直にお話ができればと思います。」、小川さんは「私は警察に30年、現在は犯罪ジャーナリストとして取材活動を8年続けています。警察とメディア、両方の立場から本作を観ることができまして、大変考えさせられました。」と挨拶しイベントがスタートした。

映画について、柳澤さんは「マスメディアの仕事をしている人間は絶対に観るべき作品だと思いました。映画の中に自分を乗せると、ひょっとしたら自分も…と、思わずにはいられません。他人事ではなく自分事としてこの映画のテーマを考えると、針のむしろに乗せられたような気持になります。やはり周辺取材をどこまでできるか、情報をどこまで幅広く集められるか。時間に追われながら、果たしてどこまでできるかが問われると思います。最近話題のゴーン被告の件も同様、記者は事実関係を確認しようとしても当局からのリークをもとにするしかありません。裏付けを取るのに血眼になって周辺取材をしなければ記事は書けないはずですが、どうも検察から出てきている話がそのまま報道されているようにも感じます。」と率直な意見を語った。

小川さんは「捜査機関とメディア、どちらかにだけ問題があるわけではありません。通信機器の発達によりメディアの取材力自体は高くなっています。実は警察は怪しいと思った人物には任意でしか話を聞くことができませんが、記者が取材をする分には問題がないので、逆に記者を使って話を聞くということもあるのです。ですからこの映画で起きたことは日本で起きても違和感はないと思います。私はメディアの人の気持ちも、警察の気持ちも理解できます。」とコメントした。

また、「先週カルロス・ゴーン氏がレバノンに逃亡しましたが、日本の司法制度に問題があったためだと言われています。本作でいうと、FBIの捜査もかなり強引でしたが実際日本の捜査機関はどうなのでしょうか。」という質問を受けて小川さんは「”人質司法”と言われますが、日本の警察で働いていた人間として違和感はありません。ほかの国で言えば、捜査手法が相当荒っぽい国も実際にあります。欧米諸国の人が日本の司法制度を見ると違和感を覚えることはあるかもしれませんがね。」と意見を述べた。柳澤さんは「確かに我々の常識として、取り調べに弁護士が同席するということはありません。ただ、一歩外にでると弁護士が同席するなどは当然のことですし、人権について考えるならばもう少し我々も熟慮すべきことはあると思います。特に今回の映画を観てつくづく思いました。」とコメントした。

ここでサプライズゲストとして元同志社大学教授の浅野健一さんが登壇。主人公のリチャードをよく知る人物として大きな拍手で迎えられた。「映画を観て、まず主人公がジュエルさん本人とそっくりで驚きました。私はこの事件があった翌年の3月にゼミの学生を連れてアトランタに行き、ジュエルさんに会いました。また、TBSのニュース番組で(地下鉄サリン事件で冤罪被害を受けた)河野義行さんをお連れして現地から生出演をしました。また、そのあと日本にお招きして合計で3回お会いしています。よくこんなによく似た俳優さんを見つけたなと驚きました。」と感想を述べた。

_AAA0174

さらに議論は盛り上がり、インターネットの力によって増す冤罪事件の可能性について話が及ぶと、柳澤さんは「職業柄、最初に出くわした情報は疑ってかかる癖があります。それが記者の仕事です。自分が加害者になる可能性があることを忘れないようにしなければ。」と語り、浅野さんは「SNSで誰もが情報を発信できるので、一時の感情で発信すると大変なことになります。私は安易に事件関係者の名前を公開すべきではないと考えています。」と語った。

学生からの質問コーナーになると熱心な学生たちから次々に手が挙がる。「映画を観て、ジュエルさんのようにメディアと警察により人生を壊される人がいるのだと痛感しました。取材の際にこころがけていることがあれば教えてください」という質問に、柳澤さんは「周辺取材というものがまさにそれに当たります。取材対象に真摯に向き合って、信頼関係を得ることが大切です。」と語った。浅野さんは「京アニの放火事件の時、多くの遺族が実名報道を拒否しました。海外には報道倫理コードがありますが、日本にはそれがありません。」と問題点を指摘した。

また、「劇中の女性記者は結果的に誤った情報を発信しました。彼女の焦りの気持ちが原因かと解釈しましたが、スクープを見つけるときに意識していることがあれば教えてください。」という質問に、柳澤さんは「正直言って記者はとにかく特ダネが欲しいんです。それで気持ちが前のめりになってしまう。大事なのは、自分がそういう気持ちでいるということを客観視すること。『新聞は必ず過ちを犯す』と言われたことがあります。今の時代、『ジャーナリズムは過ちを犯す』と言えるでしょう。自分も間違えることがあるのだということを常に考えておくべきだと思います。」と力強くコメントした

最後に浅野さんは「この映画でアメリカのメィアがひどいとは思わないでほしい。それどころか日本よりもレベルは高いと思います。大学でジャーナリズムを勉強した人がジャーナリズムの仕事に就いているからです。司法制度にしても、日本は遅れています。本作で取り調べの場面に公衆電話があったことを思い出してください。ジュエルが弁護士に電話をかけたら、話をすることができました。そのやりとりは日本では絶対にできません。海外の司法制度がどうなっているかを、知っていただきたいです。」と語った。小川さんは「この場にも犯罪心理学、メディア理論、法学部などの学生さんがいると聞いています。自分たちの目指す道へ進んでください。統計や分析はAIがやることになるかもしれませんが、犯罪心理学、新聞、法律は人間がやるべきものです。これから日本はもっと変わっていくはずです。」と語った。

柳澤さんは「すみません、話に夢中になってうっかり忘れていました。」とポケットから、本作を観た人ならピンとくるアメリカのお菓子「スニッカーズ」を取り出し、会場の笑いを誘う。「映画の中で印象的だったのは、最後にジュエルに対して『終わったぞ』という場面です。皮肉に聞こえました。確かに事件は終わりましたが、第二第三のジュエルは絶対に出てきます。それを自分の胸に刻み込みました。それでないとこの映画を観た意味がないとすら思いました。」と力強く語り、イベントを締めくくった。

『リチャード・ジュエル』は明日1月17日より全国公開。

RJ_Poster_Saisyu

【ストーリー】
1996年、アトランタで開催されたオリンピックで爆破テロ事件が発生する。警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)が爆弾の入ったバッグを発見したことで、多くの人々の命が救われた。だがFBIは、爆弾の第一発見者だということを理由に彼を容疑者として逮捕。リチャードを担当する弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)が捜査に異議を唱える中、女性記者のキャシー・スクラッグス(オリヴィア・ワイルド)の記事をきっかけに容疑の報道は熱を帯びていく。

【キャスト】
ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ ほか

【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド

公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/

2020年1月17日全国公開!

ページトップへ