MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

大沢たかお主演サスペンス超大作!『AI崩壊』緊迫の本編映像公開!!

大沢たかお主演サスペンス超大作!!
『AI崩壊』
緊迫の本編映像解禁!!

大沢たかおを主演に迎え、入江悠監督がAIをテーマにオリジナル脚本で挑む2020年に見るべきサスペンス超大作『AI崩壊』が1月31日(金)に公開する。このたび、大沢たかお演じるAI開発者・桐生浩介と賀来賢人演じるAIを管理する企業の代表・西村悟、岩田剛典演じる警視庁の天才捜査官・桜庭誠が初めて出会う本編シーンが解禁。怒涛の展開が待ち受ける予感が満載の本編シーンとなっている。

サブ2

本作が初共演となった3人だが、撮影現場では初共演ながら、お互いを俳優として信頼しているからこそ抜群のチームワークを見せていた。大沢と共演シーンが多かった賀来も、大沢に役者としての在り方や役について質問攻めにしたそうで、お互いに意見交換をしながら撮影を進めていった。大沢は「岩田さんは相当台本を読み込んでいて、芝居からも彼がこの作品に賭ける意気込みや気迫が伝わってきました。だから彼との共演シーンはとても安心して臨むことができました。賀来君がすごいのは、現場で演出が変わってもすぐに合わせてくれる所でした。入江監督の指示をすぐに理解し、瞬時に応える。それと僕が演技のニュアンスを少し変えると、彼も僕に合わせて演じてくれるんです。本当に優秀だなと思いました。」と絶賛し、共演を振り返っている。息の合った3人が、劇中ではどんな演技を見せてくれるのか?注目が集まるばかりだろう。

サブ5

原作がなく完全オリジナル脚本で10年後の日本を舞台に描いた入江監督。入江監督は「今回の作品はサスペンス要素が強いので、この人は何を考えているのか?物語がどんな方向に進んでいくのか?そこまで計算して予想がつかない演技ができる人たちに集まってもらいました」と明かしており、3人とも真剣に役と向き合える人だからこそ、撮影現場で監督やキャスト同士が活発に話し合い、役者と制作陣の熱量がこもった作品が出来上がっていった。

『AI崩壊』は1月31日(金)より全国公開。

★メイン写真

【ストーリー】
2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。警察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、AIを暴走させたテロリストを開発者である桐生と断定。日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西村(賀来賢人)。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生に迫る。日本中がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは?一体、なぜAIは暴走したのか?止まらないAI社会の崩壊は、衝撃の結末へ――。

【キャスト】
大沢たかお、岩田剛典、賀来賢人 ほか

【スタッフ】
監督:入江悠

公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

2020年1月31日(金)より全国公開!