MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【#2019年気になった映画!】『アイリッシュマン』〜スコセッシが語る“映画”を私たちはどう受け止めるか〜

25c032962f4b0fd5

本作はスコセッシにとっては久々のギャング映画。3時間半という超大作に、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシの『レイジング・ブル』コンビが久々に出演。そこにアル・パチーノという最強の共演者を得た。この映画を観ないなんて映画ファンにはできる筈がない!そしてこの映画を観て感じたのは、スコセッシは私たちに“映画”の未来について語りかけているという事だ。

3時間半という時間で描かれるのは、まさに壮大な大河ドラマ。一人の男がいかなる形の家族を得て、いかにして失うかを丁寧に描いている。ギャング映画ではあるが描かれるテーマは極めて普遍的。加えてデ・ニーロ、ペシ、パチーノの3人が重厚で濃密な演技合戦を見せてくれる。まさにスクリーンで堪能すべき、立派な“超大作”であり“芸術”だ。

本作の主人公フランクの生き方が時代によって変わっていったように、映画という芸術もまた時代によって変わってきた。スコセッシが語る“映画”は、かつてスコセッシが先人たちから学び受け継いだように次世代へと繋がるのか。それともフランクたちの様に消え去ってしまうのか。もしかしたらスコセッシがこの映画で一番伝えたかったのはこの事ではないだろうか!?とさえ感じてしまった。

その鍵を握っているのは皮肉にも、スコセッシが言う“テーマパーク映画”を浴びる様に観ている私たち若い世代だ。主人公フランクがこれまでの人生を若い女性に語りかけている場面で映画は終わる。この関係はスコセッシの様な巨匠と私たち観客の関係に酷似している。彼らの言葉に耳を貸せば彼らの言葉は受け継がれる。スコセッシは、彼が思う映画という芸術を語ってくれた。
(編集部:西)

2019年もっとも心に刻まれた映画は!?

「ムービーマービーエンタ大賞」投票受付中!

ムービーマービーが読者の皆様と共に毎年ベストな1本を決める最もユーザーフレンドリーな映画賞!今年は3つの部門を設立!それぞれの部門でベスト作品を投票していただき、この中で最も得票数を獲得した作品が「ムービーマービーエンタ大賞」に認定されます!

<WEB投票で参加する!>
下記URLからアンケートページへ飛んで頂き必要事項を記入のうえ、応募ボタンをクリック!!!
投票の結果は〆切後すぐに集計され、1月18日(土)に開催予定の「エンタ診断サミット2019-2020」にて大賞が決定致します!是非とも投票に参加して頂いて、エンタ大賞を盛り上げましょう!!!投票に参加して頂いた方には抽選で10名様にamazonギフトカード1000円分をプレゼント!!!

 

■投票はこちらのページから!!!
http://moviemarbie.com/presentpage/present-6/

 

■ユーザー審査員になってエンタ診断サミットに出席希望の方はこちらから!!!
http://moviemarbie.com/presentpage/present-5/

 

ご応募お待ちしてます!!!