MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【レポート】『サヨナラまでの30分』が“2020年もっとも泣ける青春音楽映画”に認定!

来年1月24日より全国ロードショーとなる映画『サヨナラまでの30分』の涙活試写会が、本日12月18日に東京のアスミック・エース試写室で開催され、劇中バンド「ECHOLL」でドラム担当の重田幸輝を演じた上杉柊平がゲストで登壇した。

この試写会は、全米感涙協会会長の寺井広樹氏が提唱する、「泣ける映画・音楽・詩の朗読」などで能動的に涙を流すことによって心のデトックス図る【涙活】の企画として実施された。イベントでは、本作が“2020年もっとも泣ける青春音楽映画”に認定され、寺井氏から上杉にトロフィーの贈呈も行われた。

sayonara_002

上映後に実施されたトークショーでは、MCから観客へ「映画を観て泣いた?」とアンケートを取ると、ほぼすべての観客が手を挙げ、それを見た上杉は「ほんとかな?ウソでしょ!どこらへん?」とまさかの満場一致ぶりに思わず笑ってしまった。自身はそもそもあまり泣かないタイプだという上杉は「僕は泣いてないですけど(笑)でも匠海とかキヨ(清原翔)とか、泣いたって言ってました。(葉山)奨之は絶対泣いてるから。おさゆ(久保田紗友)は分からないですけど、まっけん(新田真剣佑)も泣かなそうだな・・・、でも僕は泣いてないです(笑)」とキャストの反応を話会場の笑いを誘った。

キャスト陣のバンド演奏も注目の本作。ドラムに初挑戦した上杉は「練習は大変でした。半年前くらいから10日に1回くらいのペースでやってたんですけど、まだ実際に演奏する楽曲も決まってない状態だったので基礎の練習をすごいやってました。楽曲があがってきても、僕のこのヌルっとした性格なのか、一気に追い込んだのは最後の2週間くらいでしたね。けっこう怒られました(笑)みんな個人で練習してたんですけど、長野ロケに行く2日前に全員が揃ってバンドとして演奏して、2日間で10時間づつくらい練習しましたね。」と話す。さらに続けて「半年間はみんな共通の曲を聴いてやってきたから、顔は見てないし、演奏も聞いてないけどけど、通じてる部分があったんだと思います。言葉ってコミュニケーションツールの一つでしかないから、喋ってなくても、演奏中の表情だったり音だったり、体の動きでみんなの気持ちが分かるときが沢山ありました」と仲間たちの信頼関係を明かした。

イベントでは観客とのQ&Aの時間が設けられ、上杉に様々な質問が投げかけられた。ECHOLLが演奏した楽曲の中で、お気に入りの曲について聞かれると、「雨パレ(雨のパレード)が提供してくれた「もう二度と」。すごくドラムが叩きやすくて・・・って簡単って意味じゃないです!メチャクチャ難しくはないけどそう見える気持ちいいドラムだったのと、ベースのキヨと目を合わせて一緒に入っていくタイミングがあったりして、僕はあの曲が好きでしたね。あとは、「stand by me」。実はあの曲が1番難しかったんですけど、颯太が前を向き出す感じがしっとりした音に乗っかっていて好きです」としみじみ答えた。

sayonara_003

トークショーの最後に上杉から「皆さんが映画を観て泣いたと言ってくださったことが僕はすごく嬉しかったし、「泣く」以外でもこの映画はいろんな見方ができて、いつ誰と観るかでも感想が変わると思うし素敵な映画になっています。こういう音楽映画だからこそ、ぜひ映画館へ観に行ってください」とアピールし、イベントは終了した。

サヨナラまでの30分

【キャスト】
新田真剣佑  北村匠海  久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原翔

【スタッフ】
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
プロデューサー:井手陽子

制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

公式サイト:http//www.sayonara-30min.com

2020年1月24日(金) 全国ロードショー