サスペンス超大作『AI崩壊』完成報告会見に大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典ら豪華キャストが集結!

大沢たかおを主演に迎え、入江悠監督が AI をテーマにオリジナル脚本で挑む 2020 年に見るべきサスペンス超大作『AI 崩壊』が1月31日(金)に公開する。公開に先駆けて豪華キャスト陣が集結した「完成報告会見」が行われた。

★『AI崩壊』完成報告会見メイン

AI開発者でAI暴走のテロリストとして逃亡者となる主人公・桐生浩介役の大沢たかお、桐生の義弟で AI を管理する企業の代表を務める西村悟役の賀来賢人、桐生を追い詰める天才捜査官・桜庭誠役の岩田剛典、独自の捜査で桐生を追う捜査一課の刑事コンビ奥瀬久美役の広瀬アリス、合田京一役の三浦友和らキャスト陣に加え、本作の脚本と監督を務めた入江悠監督ら豪華制作陣が会場に集結した。

本作の舞台は AI が私たちの生活に欠かせなくなった10年後の日本が舞台。しかし、人を救うはずの医療 AI<のぞみ>が突然暴走を始め、人間の生きる価値を選別し殺戮を開始―。大沢演じる桐生は警察から AIを暴走させた犯人に断定されてしまい、日本中に AI 捜査網が張り巡らされる中、逃走劇を繰り広げることになる。

まさに私たちの生活の延長線上で起こりうるリアルな未来を描いた本作について、入江監督は「今、映画を作るからには、僕たちの生活がどう変化するのか?見る人にも生々しく受け取ってほしいと思いました。近未来サスペンス映画もので、桐生がどんどん日本中から追い詰められるのが面白いと思ったので、日本各地でいい場所があれば撮影に行くことを心掛けました」とリアルさを追求するこだわりを告白。

★メイン写真

さらに大沢と賀来は「賀来君は感性がとても豊かで、初日から共演シーンがあったのですが、最初から心地よく撮影できました。役のこと以外を話したりして、信頼関係を築いていったと思います」(大沢)、「仕事以外の話を結構させて頂き、大沢さんが僕と同じくらいの年齢の時にどんなことを考えていたのか?など質問攻めしてしまいました」(賀来)と撮影中の秘話を明かし会場を沸かせる。そして警察庁の若き天才理事官・桜庭を演じた岩田は初めて刑事役に挑戦し「撮影前に監督から、警察庁の桜庭はとんでもない天才だと教えてもらい、とてつもない天才ってどんな人物なのかと悩みました」と苦労を語り、熱血刑事の先輩と後輩を演じた三浦と広瀬は「広瀬さんとは年齢を感じさせず、良い感じで垣根を作らずにいられたので、とても演じやすかったですね」(三浦)、「三浦さんとは色々なお話をさせて頂き、いい緊張感の中撮影させて頂きました」(広瀬)と語り、撮影を通して仲の良い関係を築いていたようだ。

サブ①

さらに集まった報道陣から質問が飛び交い、オリジナル作品だからこそ桐生という人物の役作りについて聞かれると大沢は「僕はあまり監督に色々なことを言わないタイプなんですが、入江監督とはたくさんお話させて頂きました。身近な人が日本の危機を解決していく所に共感できるように演じさせて頂きました」と明かすと入江監督も「やっぱりキャラクターに血を通わせることがとても大事なので、大沢さんは色々考えて意見をくれて、桐生の人物像を作り上げてくださったのでとてもありがたかったです」と息の合ったコンビネーションを見せた。

サブ②

同い年で初共演となった賀来と岩田は、10年後の世界について聞かれると「本当に5~10年後に起こりうる世界観なので、演じながらも AIの何が良いことで悪いことなのか、きっと観客の皆さんも AI について考えるきっかけになる作品だと思います」(賀来)、「10年後ってあっという間ですよね。もっと AI が進化したらどうなってしまうのかと思いました」(岩田)とそれぞれ若年世代らしいコメント。

サブ③

そして大沢も「もしかしたら近い将来に遭遇するであろうことを描いているので、エンターテイメント映画だけど怖いなと思う部分もありました」と熱弁。AI が社会問題となりつつある現代社会において、本作で描く AI の暴走は近い未来に誰に出も起こりうる身近なテーマに、誰もが考えさせられる作品になっているようだ。キャスト陣が今後 AIと共に生きて行く人々にとって“2020年絶対に観るべき一作”であると自信を見せる。

『AI崩壊』本ポスター

『AI崩壊』
2020年1月31日(金)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会
公式サイト:http://ai-houkai.jp
公式ツイッター:https://twitter.com/AI_houkai

ページトップへ