【NEWS!!】#コンジアム 商業映画史上初の俳優による撮影が生んだ極限のリアリティ “恐怖体験”という新コンセプトで観る者を画面に引きづり込む!

GM44

【商業映画史上初の俳優による撮影が生んだ極限のリアリティ】

SNSやYouTubeに慣れ親しんだ若い世代の感性を刺激してやまない超体感型ホラー『コンジアム』が3月23日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなることが決定した。

『コンジアム』とは、京畿道広州市に実在するコンジアム精神病院の廃墟のこと。大勢の患者が不可解な死を遂げ、院長が失踪もしくは自殺したとされるこの病院は、閉鎖後に幽霊の目撃情報などの恐ろしい噂が絶えず、2012年には “世界7大心霊スポット”のひとつに選出された。

すでにホラー映画の定番になっている一 人称視点=P.O.V.形式を採用した本作は、このスタイルの特徴である映像のリアリティーと臨場感を極限まで追求するために、“恐怖体験”というコンセプトのもと、7人の隊員に扮したキャストにGo Proの小型アクション・カメラを装着させ、商業映画史上初めてランニングタイムの大部分が俳優たちによる撮影シーンによって構成された作品だ。

still 8

登場人物たちの視点と表情を生々しく捉え、病院内の不気味にして繊細な環境音が加わり、まさしく観る者は世界最恐レベルの心霊スポットの闇の奥へおそるおそる足を踏み入れていく感覚に囚われる。「カオスそのものだった」とチョン・ボムシク監督は当時を回想する。

また、本作は商業映画で通常使われるカメラを1台も使用していないことでも話題となった。GoPro シリーズ、カムコーダー、Osmo 、VRカメラ、ドローンといった撮影機材が使用され、最多で19台のカメラが現場で同時に回された。軽量で移動・配置・撮影が容易であり、バラエティ番組や動画配信サイト等でよく見られるGoPro HERO5は、映画の主要舞台であるコンジアム精神病院内部の全体的な画角を自然に見せつつ、車載カメラの映像のような感じを出すために使われた。

GoPro HERO5 Sessionでは顔と視点ショットが同時に映し出されることで観客はその場にいるような錯覚に陥る。更に、GoProやカムコーダーでは困難な安定した視点ショットを撮影するために、180度回転が可能なOsmoも使用された。

『コンジアム』の謎めいた雰囲気を撮るために投入されたVRカメラは、360度の撮影が可能で、病院の内部を隅々まで映し出し、歪曲した映像は本当に何かが現れそうな、奇異な恐怖感をかき立てる。アングルの制限を解消するためにドローンカメラも使われ、上から全体を眺望するバーズアイビュー(鳥瞰図)によって、コンジアム精神病院の“罠”にはまったメンバーの姿が象徴的に描かれ、彼らの身に起きる出来事が暗示される。

GM59

さらに、ホラー映画においてBGMおよび効果音は、恐怖のシチュエーショ ンを盛り上げるための常とう手段だが、効果音を一切排除し、環境音のみが使用された。

全6タイプのカメラが投入された映画『コンジアム』は、公開当時、日本でもその映像表現が話題となった『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『パラノーマル・アクティビティ』に続き、新たに“恐怖体験”というコンセプトを可能な限り突き詰め、観る者を作品の中に引きずり込み、生々しい恐怖へと導く。

 

【グループ割!】

 学生7人グループ、入場料50%割引!

◎大学・専門学校生7人グループ¥10500→5250、中高生7人グループ¥7000→¥3500

*「コンジアム」に潜入するホラータイムズメンバー7人と同じ、7人のグループに限って、窓口、学生証提示で半額

*前売、WEB購入では適用不可

*シネマート新宿、シネマート心斎橋のみ適用

こんじあむ

 

【ストーリー】
入院患者の集団自殺や病院長の行方不明事件などで閉鎖が決まり、長い間人の出入りがなかった精神科病院に、心霊体験のため訪れた7人の若者が奇妙な事件に巻き込まれる……

監督:チョン・ボムシク 『奇談』『怖い話』

出演:イ・スンウク、ウィ・ハジュン『黄金色の私の人生』、パク・ジヒョン『必ず捕まえる』、パク・ソンフン『六龍が飛ぶ』、オ・アヨン、ムン・イェウォン   

2018年/韓国/韓国語/94分/原題:昆池岩(곤지암)

配給:ブロードウェイ https://gonjiam.net-broadway.com/

 2018SHOWBOX and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

3月23日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

ページトップへ