MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『宮本から君へ』3日連続トークイベント実施!池松壮亮×井浦新、蒼井優、一ノ瀬ワタルの熱いトークで大盛況!

池松壮亮×井浦新、蒼井優、一ノ瀬ワタル
『宮本から君へ』
3日連続トークイベント実施!

宮本mainビジュアル

全国公開中の『宮本から君へ』が、10月18日(金)~20日(日)にかけて3日連続でトークイベントを実施した。

本作は、バブル崩壊直前の日本で最も嫌われた伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化した本作は、人生負けっぱなしの男・宮本(池松壮亮)が恋人・靖子(蒼井優)との関係を打ち砕く“衝撃の事件”をきっかけに一世一代の勝負に挑む、人間讃歌エンターテインメント。

1018miyamoto

10月18日(金)ユーロスペースにて、宮本浩を演じた池松壮亮と靖子の元彼・裕二を演じた井浦新によるトークイベントが行われた。井浦は本作への出演にあたり、池松と蒼井との共演が自身のモチベーションだったといい、特に過去ドラマでしか共演しなかった池松と映画で共演できることは「念願だった」という。しかし、井浦は「撮影初日は行くのが嫌だった」と暴露。「宮本の池松くんでしょ、面倒くさいだろうなって(笑)。ワクワクと嫌な気持ちが入り混じっていた」と明かした。

井浦の撮影初日は池松に会った瞬間に「やっと会えたと思って、思わずハグしちゃった」といい、池松は「撮影3日目ですでにボロボロで疲れていたので1時間ぐらい抱かれたいなと思った(笑)」と笑いを誘った。続けて「裕二は物凄く大好き、新さんに決まって嬉しかった。新さんと裕二のコンビネーションが素晴らしくて、現場で観ていて惚れ惚れした。日に日にエンジンをかけてきて、ドライブをかけてきて、面白かった」と撮影現場を振り返った。

井浦は裕二を演じるにあたり、「まずは原作に対して、新井先生に対しての敬意をどう表していくか、をどこかで考えていた。原作通りにやりたい自分と、原作をギュッと絞ったときにでてくるぐちゃぐちゃになったカスをどうやったら届けられるか、新井先生が喜んでもらえるような脱線ができるかを考えていた」という。撮影現場では井浦のアドリブや提案も多々採用されたてたようだが、裕二が宮本に金蹴りをされ悶えて“アワを吹く”演出は覚えておらず、「自分が言っちゃったんだ」と茶目っ気をみせていた。

井浦は池松に対して「撮影3日目ですでにのどが潰れていて、その状態で叫び続けて最後までやりきった池松くんは、“役者バカ”」といい、池松は井浦に対して「品格、知性、凶暴性、包容力、ものすごくいい人。こういう人がまだまだ暴れている姿を見るととても刺激になりますし、世の中捨てたもんじゃないなと思えるんです。出会ったころから今の今まで“聖なる反逆者”という感じ」と互いを褒めたたえた。

1019miyamoto

19日(土)は新宿バルト9にて「応援上映」が実施され、宮本の強敵・真淵拓馬を演じた一ノ瀬ワタルがトークゲストだけでなく、応援上映にも参加。ラスト25分、手に汗握る宮本と拓馬の決闘シーンのみ声援OKとなった応援上映では、本編中に一ノ瀬の「かかってこいやー!」の掛け声からはじまり、「ガンバレ、宮本!」「まだまだいけるだろ!」「やっちまえー!」など声援が飛び交った。

上映終了後、ラガーマンの恰好した一ノ瀬は、「映画を観ていただいた後に皆さんの前に立つのは心苦しいものがありますね」と恐縮気味に登壇。一ノ瀬は拓馬がやられると「ウッ」の声が思わずでてしまい、「宮本を応援するかと思っていましたが、やはり拓馬側に立ってしまいました。でも面白かったです」と笑顔を見せた。

「映画出演にあたり、『みんなに嫌われたらお前の勝ちや』と言われていました。上映が始まり、道端で女性から『お前のほうが気持ち悪いんだよ』と言われ、嬉しいことなんですが、結構傷つきました(笑)」と周りからの反響を報告。さらに、一ノ瀬に原作を勧めた先輩・桐谷健太から「『お前、よかったで、ええやん』と言われ安心した。この映画は桐谷さんに見てもらわないと完成しないと思っていたので」と嬉しそうな表情を見せていた。

決闘シーンは高層階の非常階段でノースタントでの撮影を実施。2本の手すりにワイヤーをかけて吊るされた状態での撮影で、「カットがかかると、池松さんがすぐに抱きしめてくれて。めっちゃ優しいんですよ。俺、池松さんめっちゃ好きなんです」とラブコールを投げかけ、拓馬とのギャップに終始笑いの絶えないトークイベントとなった。

1020miyamoto

最終日の20日(日)は、ユーロスペースにて、中野靖子演じる蒼井優と佐藤プロデューサーによるトークイベントが行われた。蒼井は「靖子の役はめんどくささの極みみたいな役。監督は真利子さんだし、宮本は池松くんだし、自分が演じるのは想像がつかない役だったのでやってみようかなって」という思いから出演への経緯を明かした。

様々な弊害がありようやく映画化された本作は、真利子監督はじめ主演の池松やスタッフの気合いは並々ならぬものだった。特に男性陣の「俺の宮本論」のぶつかり合いが激しかったといい、だからこそ「こんな泥臭い、令和とは思えない映画ができた。逆に令和だからできたのかな」と述懐。座長・池松を横で見ていた蒼井は、「池松くんがこの映画を背負うんだという覚悟をみて、勉強になりました」といい、「純粋に尊敬している」と褒めたたえた。

撮影中は「手放してはいけない地図のように原作を持ち歩いていた」という蒼井は靖子を演じるにあたり、原作の台詞を大切にしたという。「ほとんどの台詞が好き」だがその中でも好きな台詞は「今になってこたえてきた」だという。「前に進まなきゃいかないから進むんだけど、心が追い付かなくて、ある時心の気配を感じたときに急にワッとなる感覚は映画では大事にしないといけないんじゃないかなって。人間が前に進んでいる瞬間も美しいけれども、自分の心に気づいた瞬間を大事にしていきたいなって思いました」と語った。

最後に、「色々ある映画ですけど、それぐらい人を巻き込む作品なのかなと思っています。どんなことがあっても恥ずかしくない映画を作ったなという喜びがあります。一生懸命作った作品なので、体温を少しでも理解していただけたら嬉しいです。帰り道、電柱があっても腕立てしないように(笑)」とPRした。

miyamoto

【あらすじ】 
文具メーカーで働く営業マン宮本浩は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。会社の先輩の友人である、自立した女・中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は裕二に「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子には、ひとときの幸福の時間が訪れる。しかし、二人の間に、人生最大の試練が立ちはだかるのだった・・・。究極の愛の試練に立ち向かうべく、宮本が”絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!

【キャスト】
池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ

【スタッフ】
監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦

原作: 新井英樹(『宮本から君へ』百万年書房/太田出版刊) 
主題歌:宮本浩次「Do you remember?」(ユニバーサルシグマ)
配給:スターサンズ、KADOKAWA
(C)2019「宮本から君へ」製作委員会
公式サイト:miyamotomovie.jp

全国公開中!