MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『i-新聞記者ドキュメント-』ポスタービジュアル&予告編解禁!

『新聞記者』は序章にすぎなかった
『i-新聞記者ドキュメント-』
ポスタービジュアル&予告到着

新聞記者ドキュメント

オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる森達也監督の最新作『i-新聞記者ドキュメント-』が11月15日(金)より全国公開される。

本作は、映画『新聞記者』の原作者で東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリー。『新聞記者』のプロデューサーである河村光康が、本作の企画・製作、エクゼクティヴ・プロデューサーを務める。

今回、本作のポスタービジュアルと予告編が解禁された。

望月記者が渦中の人物たちに詰め寄るシーンや菅官房長官とのバトルのほか、辺野古移設問題や森友学園問題、準強姦もみ消し事件などここ数年話題となった事案を描いていることがわかる。果たして、前川喜平さんや籠池夫妻が、何を語るのか。報道では決して映し出されない、現代日本の真の姿が見られそうだ。

また、ポスタービジュアルには「映画『新聞記者』は序章にすぎなかったー」の文字が。「ドキュメンタリーは嘘をつく」を発表している森達也監督作だけに、望月記者が見た光景をどう呈示し、それを我々はさらにどう見るのか、我々の鑑賞眼も試されることは間違いなさそうだ。本作は第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門でお披露目となる。

i_sinbunkisha

企画・製作:河村光康

エクゼクティヴ・プロデューサー:河村光康 

監督:森達也

出演:望月衣塑子

配給:スターサンズ

©2019『i –新聞記者ドキュメント-』製作委員会

11月15日(金)より、新宿ピカデリー他、全国順次公開