【NEWS!!】 #ラ・ヨローナ ~泣く女~ ホラーの天才 #ジェームズ・ワン が、次に選んだ恐怖!決して、水のある所に近付いてはいけない…女は現れる…水のあるところに…戦慄の予告解禁!

水に近づけば引きずり込まれる…!『ラ・ヨローナ ~泣く女~』予告解禁!!】

死霊館シリーズ最新作である5月10日(金)に公開する『ラ・ヨローナ ~泣く女~』の予告が遂に解禁!解禁となる予告編は川辺の事件現場シーンから幕を開ける。「いったい、川で何があったの?」そこでリンダ・カデリーニ演じるソーシャルワーカーであり、夫を亡くした二児の母・アンナが目にしたのは…2体の子供の水死体。現場では「あんたのせいよ!」と亡くなった子供の母・パトリシアが発狂しアンナに詰め寄る。アンナは自身の担当するパトリシアからの助けを求める声を無視してしまったのだ…。結果、逆恨みを買ってしまうこととなるアンナ。後日、パトリシアに面会すると、衝撃の言葉を投げかけられる。「あんたの子供も!いずれ聞くはずよ!あの女の泣き声を…!」身に覚えのないアンナは「女?」と聞き返す。パトリシアが答えた女の名前は、「ヨローナ(泣く女)…」!!

泣く女の呪いをかけられてしまったアンナと二人の兄妹クリスとエイプリル。度重なる怪現象に教会に助けを求める。「神父様助けて」と悲痛な表情で訴えると、紹介されたのは地元の悪魔祓い・ラファエル。呪術医である彼の力を借り、泣く女対策をする様子も予告編で垣間見ることができる。エイプリルに「来るの?」と聞かれると「すでにいる」と最悪の受け答えをするラファエル。果たして打ち勝つことはできるのかー!?

クリスが窓を閉めようとすると突如強風に吹き飛ばされ、カーテンがふわっと広がったと思ったその瞬間、泣く女が手を伸ばして襲い掛かってくる!!“女は現れる水のある所に”とあるように、水に近づくと…引きずり込む泣く女。予告編の最後では一人お風呂に入るエイプリルの背中に恐怖の魔の手が…エイプリルの運命は!?

※新メインCHIL-FP-0158rv3

〈ストーリー〉
ラ・ヨローナ。それは”泣く女”。ヨローナは永遠に彷徨い続け、かつて自身の手で殺してしまった我が子を取り戻したい一心で水辺へと誘い、そして溺死させる。ある問題を抱えた母親が子どもの危機を感じ取り、不吉な警告を発するものの、それを無視したアンナと幼い子供たちは、ほどなくしてヨローナの恐怖に引きずり込まれることになる。彼女は海や川、プールやお風呂、そしてトイレ、水たまりであろうが、水のある所に現れる。ヨローナのとてつもない怒りにさらされる彼女たちは果たして生き延びられるのか。

監督:マイケル・チャベス 

製作:ジェームズ・ワン

出演:リンダ・カデリーニ、マデリン・マクグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス ほか

配給:ワーナー・ブラザース映画 

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/lloronamoviejp/

5月10日(金)全国公開

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 

ページトップへ