『ゾンビランド:ダブルタップ』ノリッノリの新予告解禁!

ゾンビ社会を明るく生き抜く大切なルール!
『ゾンビランド:ダブルタップ』
ノリッノリの新予告が解禁!

ゾンビランド

ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらアカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より全国ロードショーとなる。今回、ビル・マーレイも登場するノリッノリの新予告が解禁された。

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。

そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた。どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく。

ところ変わって、とある映画の取材現場。インタビューを受けるのは、『ゴーストバスターズ』シリーズなどでお馴染みの大スター、ビル・マーレイ。前作をご覧の方々はご存知でしょうが、彼はゾンビランドで××されてしまったはず・・・?取材で堂々と「クスリを買う金が欲しくて」と言いのけるマーレイ。彼の出演により、さらに謎に包まれるゾンビランド!!4人のアカデミー賞(受賞およびノミネーション)俳優たちが、この“超一流”映画で、ゾンビの秋を盛り上げる!

ゾンビランド:ダブルタップ

【ストーリー】
2009年、地球は爆発的なウィルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1であるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)ら仲間と共に、お互いを支え合ったり、裏切ってみたり、恋したり、親の気持ちになったりしながら、明るくゾンビ社会を生き抜いていた。――あれから10年。2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはさらに進化を遂げていた!なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた73!?のルールで、生き残りをかける!!

【スタッフ】
監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』)
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム

【キャスト】
ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)

公式サイト:http://zombie-land.jp
公式Twitter:https://twitter.com/SPEeiga
公式Facebook:https://www.facebook.com/SPEeiga/

11月22日(金) 全国ロード ショー

ページトップへ