【NEWS!!】#ふたりの女王 メアリーとエリザベス 「嫉妬されない人生は辛い」名言炸裂!元宝塚の女王 #真矢ミキをオスカル以来の金髪貴族 #ローランド がエスコート

IMG_1202

【名言炸裂!元宝塚の女王 真矢ミキをオスカル以来の金髪貴族 ローランド がエスコート】

3月6日(水)スペースFS汐留で3月15日に全国公開をする『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』のジャパンプレミアが行われ、女王の名にふさわしい美貌と貫禄を見せる元宝塚のトップスター真矢ミキと「俺か、俺じゃないか」の名言でおなじみのホスト兼実業家のローランドが登壇した。

客席の脇からドレス姿の真矢ミキと、慣れた手つきでエスコートするローランドが登場し、盛大な拍手で迎えられた。

真矢ミキと今回映画イベント初登場のローランドは初対面。ローランドの出で立ちに真矢ミキは「オスカル以来の金髪を見ました。いたんだな、日本に貴族が…」と会場の笑いを誘った。

すでに映画を観たローランドは、「自分自身、職業柄“ホストだから”という色眼鏡で見られ、良いことをしたら10分の1、悪いことをすれば10倍で伝わるという逆境に似た環境の中で生活をしてきたので、女性でトップに立ち、作品に出てくる“女だから”というワードにこの気持ちわかるな」と共感したと語った。

真矢は、2人の主人公メアリーとエリザベスを見て「駆け引きや策略が現代と全然変わらないのかもしれないな」と映画を振り返り、「嫉妬される側の苦しみは本人しかわからない。女王さまっていいよね!って言われることがあってもこっちにはこっちの辛さがあるんだ!というのが描かれていて感情移入できた」とローランドも加えて語った。

「嫉妬されるんですか?」という質問に「嫉妬される」と答えたローランドだったが、つかさず「嫉妬されない人生なんて辛いな」という名言も飛び出した。

IMG_1172

本作ではふたりの女王の成功や失敗が描かれており、真矢とローランドの成功と失敗の話へ。ローランドの成功体験は大学を入学式の日に大学を辞めたこと。「100人が間違っていると言っても、100人全員が間違えてることもあるかもしれない。俺一人正しくて、100人が間違えていることもある」と大学を辞めるときに多くの人に反対されたにもかかわらず我が道を進み、現在成功していることについて語った。

真矢は18年間の宝塚人生を振り返り、トップに上り詰めるまでの15年間は失敗の連続だったと語り、会場を驚かせた。役がつかないときなどは上層部に直談判をするくらい尖っていたという今では考えられないくらいとがった時期もあったことを振り返った。

IMG_1224

トップを走り続けてきた2人に「トップを取るためには他と違わないとならないのではないか?」という質問に、「他と違うことをしたいと思っている時点で、他を意識していることになる。逆にとりあえずトップをとれば他と違うことができる」というローランドの回答に真矢も会場も舌を巻いた。

最後に本作の見どころとして、「俺か俺以外かという言葉があるが、その俺側になった時の苦悩や葛藤があるのかが少しでも伝わればいいなと思います」とローランド、「たくましく生きたいなというスイッチが入った作品。500年という時を経ても何ら変わっていない私たちのDNAに打ち込まれた彼女たちの生き様を楽しんでいただければと思います」と真矢が締めくくった。

IMG_1229

2人が大絶賛した『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、3月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほかにて全国公開される。

 

【ストーリー】
生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。さらに、メアリーは隣国イング ランドの王位継承権を主張、エリザベスI世の権力を脅かす。恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。

女王2

監督:ジョージー・ルーク

脚本:ボー・ウィリモン

出演:シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、ジェンマ・チャン、マーティン・コムストン、イスマエル・クルス・コルドバ、ブレンダ ン・コイル、イアン・ハート、エイドリアン・レスター、ジェームズ・マッカードル、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース

配給:ビターズ・エンド、パルコ

公式サイト:http://www.2queens.jp/

©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ