MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

インド発のヒーローアクション!『燃えよスーリヤ!!』日本公開決定&予告解禁!

インド発のヒーローアクション!
『燃えよスーリヤ!!』
コミック風ビジュアル&とんでもねぇ予告も完成!

燃えよスーリヤ!!:メインビジュアル

『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard Ko Dard Nahi Hota』が『燃えよスーリヤ!!』の邦題にて12月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定した。

※主人公の名前スーリヤはインド神話における太陽神スーリヤから来ており、太陽を意味する。

2018年度、アカデミー賞作品賞に輝いた『グリーンブック』が観客賞を受賞した第43回トロント国際映画祭。時同じくしてユニークでパワフルな作品が集められ、夜中に上映される<ミッドナイト・マッドネス部門>にて観客賞を受賞。熱狂的な映画ファンたちが騒ぎ立てたインド映画が、遂に日本に上陸する。

主人公スーリヤは何の変哲もない青年。ただし、彼はどんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主。幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできた。ある日、スーリヤは離ればなれになっていた幼馴染が街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知り、カンフーと痛み知らずの身体を武器に悪の組織との全面戦争を決意する。

監督は『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作で長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー。主人公スーリヤを演じるのは本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニーがメガホンをとる。

【STORY】スーリヤは生まれながらにして痛みを感じなかったため、いじめっ子たちの標的にされていた。しかし、幼なじみの女の子スプリだけは彼を守ってくれていた。そんなスーリヤを見かねて祖父はたくさんのアクション映画のVHSを渡すと、スーリヤは空手マンと呼ばれる片足の格闘家マニが魅せる“百人組手”の映像に衝撃を受ける。成長したスーリヤは、街の悪党たちを相手に特訓を積んだカンフーと痛み知らずの身体を武器に日々戦っていた。チンピラたちに誘拐されそうになる女性を助けようとしたところ現れたのは幼い日に離れ離れになってしまったスプリだった。彼女は空手マンに弟子入りし、道場を経営していた。運命に導かれるように憧れの空手マンに出会えたスーリヤだったが、彼から双子の弟ジミーが街を牛耳る悪党になってしまい、スプリが危険にさらされると聞く。スーリヤは愛する幼馴染を守るため、悪の組織との全面戦争を決意するー。

【キャスト】
アビマニュ・ダサーニー、ラーディカ―・マダン、グルシャン・デーヴァイヤー、マヘーシュ・マーンジュレーカル ほか

【スタッフ】
監督・脚本:ヴァーサン・バーラー
製作:ローニー・スクリューワーラー

原題:Mard Ko Dard Nahi Hota
配給:ショウゲート
公式サイト:moeyo-surya.jp

12月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開!