ジョン・ウー監督の傑作『フェイス/オフ』のリブート企画が進行中!

アクション映画界の巨匠ジョン・ウー監督が1997年に発表した、ニコラス・ケイジとジョン・トラヴォルタのW主演で贈る傑作『フェイス/オフ』のリブート企画が進行中であることがわかった。

FACE OFF

《あらすじ》極悪テロリストのキャスター・トロイに幼い息子を殺されたFBI捜査官ショーン・アーチャーは、執念の捜査が実り、ついにトロイを追い詰めることに成功する。激しい銃撃戦の末、トロイを捕えることが出来たが深手を負ったトロイは植物状態に。そんな中、ロスアンゼルスに時限式の細菌爆弾が仕掛けられたことが判明し、アーチャーは爆弾の在りかを仲間から聞き出すため、アーチャーは断腸の思いで、敵組織を知り尽くしている自分が憎き宿敵の顔を移植し潜入捜査を開始する。しかし、突如植物状態から目覚めたトロイもアーチャーの顔を自分に移植し、関係者を殺して完全に身分を入れ替えてしまう。

新キャストで製作される今回のリブート版は、『22ジャンプストリート』のオーレン・ウジエルが脚本を執筆し、『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツがプロデューサーを務めることが判明している。

リブート版ではジョン・ウー作品ではお馴染みの「二丁拳銃」や「飛び交う白いハト」といった要素が引き継がれるのか注目が集まる。

ページトップへ