【NEWS‼️】本年度アカデミー賞®受賞傑作ドキュメンタリー『フリーソロ』驚愕の本編映像解禁!!

本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞
前人未踏、驚異のクライミングの全貌を映し出した超傑作!
『フリーソロ』
完璧にこなさなければ、死を意味する」驚愕の本編映像解禁!

poster

全世界を興奮と熱狂の渦に巻き込み、本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ、2018トロント国際映画祭観客賞、2019英国アカデミー賞を受賞(共にドキュメンタリー部門)など、世界で45賞ノミネート、20賞受賞の快挙を成し遂げた傑作『フリーソロ』(原題:「Free Solo」)が9月6日(金)より全国公開することが決定!

誰もが手に汗を握り、息をのまずにいられない驚愕の本編映像が解禁された。

Alex Honnold free solo climbing on El Capitan's Freerider in Yosemite National Park. (National Geographic/Jimmy Chin)

ナショナル ジオグラフィック ドキュメンタリー フィルムズ製作による本作は、稀代のクライマー、アレックス・オノルドによるカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンにフリーソロで挑む一部始終を臨場感溢れるカメラワークで捉える。監督は2015年の山岳ドキュメンタリー『MERU/メルー』で絶賛を博したエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チンのコンビで贈る。

失敗=死を意味する挑戦。

このたび到着した本編映像は、
「ジミーとの仕事は10年来だ」と話すオノルドのナレーションと共に、チン監督ら撮影部隊の面々が談笑しながらも撮影のミーティングする様子から、危険なクライミングに挑むオノルドの様子を「最悪のシナリオを想像しながら撮影に臨まなきゃならない」と話すチン監督の複雑な表情も捉えている。

ジミー1ジミー2

完璧にこなさなければ、死を意味する。生きるか死ぬかというリスクにさらされながら、完全なる平静さを保ち完璧にやり遂げなくてはいけない。これはとても凄いこと。彼は完璧だった」とオノルドを讃えたチン監督。

本作は、そんなオノルドにプレッシャーを与えないよう細心の注意を払いながらカメラを向けたチン監督の手腕も讃えたくなる感動の一作だ。
スリリングな緊張感と周りの人間たちのドラマが胸を打つ、世界が絶賛した傑作ドキュメンタリーに期待が高まる。

<STORY>身体を支えるロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るフリーソロ・クライミングの若きスーパースター、アレックス・オノルドには、途方もなく壮大な夢があった。それはカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、かつてひとりもいない。幾度の失敗と練習を重ね、2017年6月3日早朝、アレックスは一人エル・キャピタンへと歩を進めていく。それは人類史上最大とも呼ばれる歴史的な挑戦の始まりだった……。

出演:アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス

監督・製作:エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チン(『MERU/メルー』)
撮影監督:ジミー・チン、クレア・ポプキン、マイキー・シェイファー 
音楽:マルコ・ベルトラミ(『クワイエット・プレイス』『LOGAN/ローガン』) 
主題歌:「Gravity(原題)」ティム・マッグロウ
原題:Free solo 
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

9月6日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

ページトップへ