MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【NEWS‼️】『新聞記者』に続く!国家が隠蔽した事実を暴き韓国政府を痛烈に批判!史実に基づく衝撃の問題作『国家が破産する日』緊迫の予告編&ポスター解禁!

政府を痛烈に批判した、史実に基づく衝撃の問題作
『国家が破産する日』
国家破産までのカウントダウンが始まる。緊迫の予告編&ポスター解禁!

図1
1997年に多くの自殺者まで出した、韓国の通貨危機の裏側を赤裸々にし、政府を痛烈に批判する衝撃の問題作『国家が破産する日』(11月8日公開)の予告編&ポスターが解禁!

本作は、国民を裏切り暴走する権力の危険性を鋭く突いた映画『新聞記者』に続く政府による不都合な事実の隠蔽や、メディアを抱き込んでの情報操作を暴いた韓国の社会派映画

国家破産までのカウントダウンが始まる。緊迫の7日間ー。
キム・ヘス、ユ・アイン、さらに韓国映画初出演のフランスの名優ヴァンサン・カッセルが演技で火花を散らす注目の予告編

韓国国民の誰もが経済の好景気を確信していた1997年。
韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは「国家破産まで残された時間は7日間です」通貨危機を予測。
一刻も早く国民に知らせるべきと主張するシヒョンとは反対に、「知らせるべきではない」と主張する財政局次官。
同じ頃、通貨危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは、一世一代の大勝負に出るー。

そしてIMF(国際通貨基金)の専務理事が交渉の為、密かに入国。
「IMFに頼るのは間違っています」とシヒョンは反対するが、「この国を変えられる機会だ」とまたもや財務次官と激しく対立。
国民も政府への不信感を募らせ、通貨危機が危険水域に達したとき、政府は何も措置をとっていないと国民が騒ぎ出す。
この通貨危機を乗り越えるため、シヒョンが反対する中、舞台はIMFとの交渉へ―。IMF専務理事は「要求額は?」と韓国側に問いただすー。
果たして交渉の行方は―!?だれも予測しなかった未曾有の危機、その時政府は一体何をしたのか!?

危機を防ごうとする者、危機に賭ける者、家族と会社のために生き残ろうとする者―。この国は、滅びるのか……!? 果たして国民の運命―!?

併せて、解禁となったポスタービジュアルは主要キャスト5人の緊迫感ある表情が印象的で 「その時、政府は何をした-」と強烈な言葉を配置。
だれも知らなかった国家の裏の顔を暴く衝撃作に期待値が上がる。

 

国家が破産する日_場面写真1 国家が破産する日_場面写真3 国家が破産する日_場面写真2
【あらすじ】
<STORY>韓国が経済の好景気を信じて疑わなかった1997年、韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョンは通貨危機を予測する。しかし政府が非公開の対策チームを招集したときには、国家破産までわずか7日間となっていた。対策チームでシヒョンは、国民にこの危機を知らせるべきではないという驚くべき主張にぶち当たる。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは、一世一代の大勝負に出る。一方、経済情勢に疎い町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう。

【キャスト】
キム・ヘス『10人の泥棒たち』
ユ・アイン『バーニング 劇場版』
ホ・ジュノ『シルミド』
ヴァンサン・カッセル『ジェイソン・ボーン』

【スタッフ】
監督:チェ・グクヒ

原題:국가부도의 날
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン

11月8日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開。
ⓒ 2018 ZIP CINEMA, CJ ENM CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED