【NEWS!!】鉄拳原作の『家族のはなし』「落っこちたからってそこで終わりじゃない」響く親父のセリフがたまらん…世界初のパラパラ漫画と実写映像が融合した予告編が解禁

家族のはなしメインDSC_3856_re

映画『家族のはなし』の涙なしに観れない
鉄拳原作、豪華キャストが届ける“予告だけで泣けそう”な予告が解禁

11月23日(金)公開の映画『家族のはなし』。
リンゴ作り一筋。葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る主人公拓也の父親・小林徹を時任三郎が演じ、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役には財前直見、また拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香役に成海璃子と豪華共演者がそろい、主演の岡田将生とともに、家族の物語を彩るハートフルドラマだ。

人生を必死に生きる青年と、そんな彼をそっと見守る両親の不器用で面倒くさくて、けど温かい、家族の姿を描き、原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加している。

sabu2 DSC_2319

そんな『家族のはなし』の予告編が到着した。
なんと世界初、実写映像とパラパラ漫画がコラボした予告編である。リンゴ農園を営む実家を飛び出し上京した岡田将生演じる拓也であったが挫折。3年ぶりの帰郷をしても周囲に不満をぶつけるばかり…

人間として最低!と思うけど、そんな彼にも実は辛い過去があったのだ。挫折し、どうしようもなく辛い父親=時任三郎のセリフがなんとも感動的なのだ。

「落っこちたからって、そこで終わりじゃねーよな。いくらでも生まれ変われる」

そんなこと言ってくれる親父、最高だな…とじんわり涙が溢れてくる。
鉄拳のパラパラ漫画と共に感動を誘う予告編で、本編への期待度も高まってくる。
映画『家族のはなし』は11月23日公開。

【京都国際映画祭にて舞台挨拶が決定!】
また本公開に先駆け、10月11日から始まる京都国際映画祭(http//Kiff.kyoto.jp/)にて10月14日9時30分からの舞台挨拶(劇場はイオンシネマ京都桂川)に岡田将生の舞台挨拶登壇も決定した。

3649e6316a217625

『家族のはなし』
11月23日(金) 全国公開!
監督:山本剛義
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉/財前直見、時任三郎
配給:KATSU-do
公式HP:http://kazokunohanashi.official-movie.com

Ⓒ「家族のはなし」製作委員会

 ■ストーリー
リンゴ農園を営む優しい両親とその一人息子・拓也。上京しバンド活動を営むが挫折。そんな彼を優しく見守る両親。しかし、両親の気持ちを疎ましいと感じ、苛立ちを常にぶつけてしまう。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父、徹も拓也に言えない秘密があって―。

ページトップへ