MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【全米Box Office レポート 】ハロウィンらしく!ホラー映画『Come Play』が初登場第1位!

◆興行収入ランキング <10/30~11/1>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
Come Play
NEW
Focus Features
2183
1
2
Honest Thief
1(↓)
Open Road Films
2360
4
3
The War with Grandpa
2(↓)
101 Studios
2365 4
4

TENET テネット

(-)
Warner Bros.
9
5
The Empty Man
3(↓)
20th Century Studios

2051

2
6

ホーカス ポーカス

-

Walt Disney Studios Motion Pictures

1130 5
7

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

-

Walt Disney Studios Motion Pictures

1222 3
8

モンスターズ・インク

-
Walt Disney Studios Motion Pictures 1237 2
9

Spell

NEW
Paramount Pictures 369 1
10 

ニュー・ミュータンツ

(-)
Twentieth Century Fox 552 10

※参考:Box Office Mojo 

ハロウィンと被った週末のBox Officeだがそれで大きく盛り上がると言うことも無く、今週も静かなBox Officeとなってしまった。『ソウ』や『パラノーマル・アクティビティ』がこの時期に1位を獲得していた時期が懐かしいところだ。とは言いつつも1位に輝いた『Come Play』はホラー映画。謎のクリーチャーに襲われる一家の恐怖を描いた作品が初登場1位を飾った。この手の映画は2週目になるとガクッと順位を落とすがどうなるか。

リーアム・ニーソン主演の『Honest Thief』は2位にランクダウンしたものの、この週末で135万ドルを稼いだ。全米累計953万ドルで次週にも1000万ドルは突破するだろう。

クリストファー・ノーラン監督作品『TENET/テネット』は4位をキープ。公開9週目を迎えるが未だにトップ5にいるあたり、さすがと言えるだろう。それでも週末の興収は88万ドルで遂に100万ドルを切ってしまった。全米累計興収は5380万ドル。毎週の興収は下降気味だが、多くの作品が公開延期されている恩恵を受けている状況、6000万ドル突破できるかどうかが大きな見どころになりそうだ。全世界興収は3億4710万ドル。こちらはひとまず3億5000万ドル突破が現実的になってきた。

ディズニーのリバイバル上映3作品は相変わらず力強い興行が続いており、ディズニー作品に人気を改めて私たちに印象付けている。もうしばらくはトップ10内に居座ることだろう。

またトップ10からは漏れてしまったが『アリータ・バトル・エンジェル』の再上映がスタート。11位にランクインした。