MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

【全米Box Office レポート 】リーアム・ニーソン主演の『Honest Thief』が2週連続1位!!

◆興行収入ランキング <10/23~10/25>

順位
作品名
先週
配給
館数
公開週
1
Honest Thief
(-)
Open Road Films
2502
3
2
The War with Grandpa
(-)
101 Studios
2345
3
3
TENET テネット
(-)
Warner Bros.
1801 8
4

The Empty Man

NEW
20th Century Studios
2027 1
5
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
-
Walt Disney Studios Motion Pictures

1614

2
6

ホーカス ポーカス

-

Walt Disney Studios Motion Pictures

1277 4
7

モンスターズ・インク

-

Walt Disney Studios Motion Pictures

1875 1
8

After We Collided

NEW
Open Road Films 460 1
9

2 Hearts

6(↓)
Freestyle Releasing 1678 2
10 

ニュー・ミュータンツ

7(↓)
Twentieth Century Fox 830 9

※参考:Box Office Mojo 

1位に輝いたのは『Honest Thief』。リーアム・ニーソン主演のアクションドラマが2週連続で1位に輝いた。この週末で235万ドルを稼ぎ、累計興収も700万ドルを突破。ひとまず1000万ドル回収を目指したいところだ。

2位も先週に引き続きロバート・デ・ニーロ、ユマ・サーマン出演の『The War with Grandpa』。こちらは累計興収970万ドル突破で1000万ドルが見えてきた。

3位はクリストファー・ノーラン監督作品『TENET/テネット』。これで8週連続でトップ3キープ。本来ならば素晴らしい成績だが、力強い興行を見せているとは言い難く、全米での累計興収6000万ドル達成は、もう少し時間がかかりそうだ。世界興収は累計3億4000万ドルで、4億円到達は少し厳しいかもしれない。

そこから下はディズニーの再上映が続く。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』、『ホーカス ポーカス』に続き『モンスターズ・インク』もリバイバル上映が開始。大作の公開延期が続くハリウッドでは、6月に日本でジブリ映画の再上映がヒットしたのと同じ現象が今起きていると言えるかもしれない。

ちなみに日本では『鬼滅の刃 無限列車編』が大ヒット。公開10日で興収107億円をあげた。映画館の再開状況にばらつきがあるが、『TENET/テネット』の全世界興収のおよそ3分の1を日本の作品が日本だけで稼いだという結果になる。全米だけに比較を絞れば『TENET/テネット』の倍以上の成績で興行していることになる。恐るべし『鬼滅の刃』