菅原文太
70年代を代表するキャラクター菅原文太。広島弁のヤクザ、トラック野郎など一途で、無骨で、ちょっとひょうきんな役が愛された文太であったが、元々はメンズファッションモデルなどもやっていたイケメンだった。
晩年、俳優業をやめて農業に取り組んだことでも知られる「俳優と違って農業は嘘がきかない、実業だ」と語った。
というわけで、昭和の名優・文太振り返り企画!!

ページトップへ