MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『ムーラン』見事な武侠アクション映画に仕上がったディズニー映画!
この映画は、つまり―
  • ディズニーの人気アニメーション映画を実写化作品!
  • リウ・イーフェイ、ドニー・イェンをはじめ、アジアのスターが集結!
  • 見事な武侠アクションの数々!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『ムーラン』(2020)

Disney+ (ディズニープラス) で観る!  ⇒ こちら

ここ数年ディズニーは過去に自社で製作したアニメーション映画の実写映画版の製作を進めていますが、この『ムーラン』もそういった作品の一つです。当初は劇場公開の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ディズニー+での配信に切り替わっている。

ここ数年の実写版作品がアニメ版を忠実に再現したものが多いのに対し、『ムーラン』はどちらかと言うとオリジナル要素が多い作品である。アニメ版にあったミュージカルシーンは本作には存在しないし、ムーランの相棒を担っていたドラゴンのムーシューも登場しない。ファンタジー色の強かったアニメ版に対して、より武侠アクション色を強めたのが実写版と言えるだろう。

ドニー・イェンやジェット・リーと言った国際的に活躍しているアクションスターも登場する本作のアクションシーンは大きな見どころの一つ。肉弾戦はもちろんだが、剣術を駆使したアクションシーンが多く登場しており、これまでにディズニー実写映画にはあまりなかった楽しみも大きな見どころだ。

アクションシーンと同様に、ビジュアルや細部にわたる美術も非常によく作られており、そこら辺の徹底ぶりは「さすがはディズニー」と言えるだろう。『ムーラン』の世界観が素晴らしいクオリティで立体化されている。アクションシーンも合わせて、やはり劇場で観たかったと思うってしまうほどのクオリティだ。

『ムーラン』を取り巻く環境は、正直なところかなり複雑であるのは、恐らく多くの人がニュース等で耳にしているだろう。それでも映画作品そのものが素晴らしいクオリティであることには変わりない。製作の過程でどのような問題があったかはここでは触れないが、純粋に1本の映画作品として『ムーラン』は十分に楽しむことが出来る作品である。


【あらすじ】
国家の命運をかけた戦いを前に、すべての家族から男性を一人、兵士として差しだす命令が下る。ファ家のひとり娘、ムーランは、家族で唯一の男性である病気の父親を守るため、男性と偽って戦地へ赴く。ファ家の守り神で、ちょっと風変わりな“不死鳥”に見守られながら、やがてムーランは戦士としての才能を開花させていくが…。

【キャスト】
リウ・イーフェイ、ドニー・イェン、ジェット・リー、コン・リー その他

【スタッフ】
監督:ニキ・カーロ

公式サイト:https://disneyplus.disney.co.jp/program/mulan.html

バックナンバー