MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『1917 命をかけた伝令』衝撃の全編ワンカット戦争映画!
この映画は、つまり―
  • アカデミー賞10部門ノミネート3部門受賞!
  • 『アメリカン・ビューティー』『007/スカイフォール』のサム・メンデス監督作品!
  • 衝撃の全編ワンカット映像!!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『1917 命をかけた伝令』(2019)

Amazon Primeで観る!  ⇒ 字幕版吹替版

GooglePlayで観る!  ⇒ こちら

アカデミー賞10部門ノミネートを果たし、3部門受賞を果たした傑作戦争映画の配信がついに始まった。サム・メンデス監督が自身の祖父から聞いた話を基に作られたこの映画は全編ワンカット演出で作られた見事な映画だ。

第一次世界大戦を舞台にした映画はそこまで多くない中で、本作の様に塹壕の中の人波を分けて進む映像は非常に斬新だ。ワンカット映像であることを忘れるぐらに綺麗なカメラワークで、同時に自分もその中にいるような、まさに圧倒的な没入感を堪能できる映像になっている。

この映画の主人公は若い2人のイギリス人兵士だ。彼らは道中で様々なものに出会う。敵のトラップに出くわすこともあれば、言葉の違う人に出会い、仲間と出会い、仲間の遺体を目にすることもある。残酷な風景を映し出す戦場にあって、ほんの少し訪れる生きた人間との交流は観ている私にも大きな安心感を与えてくれる。

主人公2人を演じたのはまだ、そこまで名が知られていない若手俳優だ。対してコリン・ファース、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチら大物俳優が脇を固める。主人公2人が有名な俳優だと「彼らが最後まで生き延びるんだろう」などと勘ぐってしまうが、それがないことで余計に彼らに感情移入してしまう。つまり主人公2人を自分の仲間や分身として観ることが出来る。ここもこの映画が他の映画にはない「没入感」を与えてくれる所以だろう。

第二次世界大戦にまつわる映画が多く作られる傾向にある映画業界だが、第一次世界大戦もまた、決して忘れてはいけない戦争だ。映画は歴史を風化させない力を持っており、監督が自身の祖父から語られたこの映画は、今後も傑作として映画史に名を残すだろう。この映画が持つ圧倒的な「没入感」は、歴史を疑似的に体験できる素晴らしい映画だ。

【あらすじ】
若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、全編ワンカット撮影で描いた。1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。

【キャスト】
ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン その他

【スタッフ】
監督・脚本:サム・メンデス

公式サイト:https://1917-movie.jp/

バックナンバー