『記憶にございません!』三谷ワールド全開の政界コメディ!
この映画は、つまり―
  • 三谷ワールド全開の正解コメディ!!
  • 豪華キャストが多数共演!!
  • 中井貴一演じる総理大臣が強烈!!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『記憶にございません!』(2019)

Amazonプライムで観る!こちら

dtvで観る!こちら

d63f4e892870a3e1

日本を代表する脚本家・演出家・映画監督の三谷幸喜の長編映画監督8作目。記憶をなくした総理大臣を描いた政界コメディとなっている本作。悪い総理と良い総理の両方が描かれたこの映画は昨年大きなヒットを記録した。

640 (8)

憲政史上最低の支持率を叩き出した総理大臣が主人公というのは、明らかに現安倍政権を意識したものだろう。消費税増税を繰り返して、国民から不満が出ているという設定もそっくりだ。ちなみにこの映画、当の安倍首相も鑑賞済みで、三谷監督と対談しており、この映画を安倍首相に見せた三谷監督の度胸と、感想を聞かれた安倍首相が開口一番で「記憶にございません!」と素晴らしい回答をしている。

640 (6)

記憶をなくす前はお金に目がくらんだ悪徳政治家として描かれていた主人公だが、記憶をなくして本気でこの国を変えようと真摯に政治と向き合うことになる。最初はみんなそうやって国をより良くしたいと思って政治家になったはずなのだ。

640 (7)

豪華キャストの共演も三谷幸喜の映画では大きな見どころの一つとなっている。主演は中井貴一で、記憶をなくす前の悪い総理と、記憶をなくした後の言い総理のギャップがこれまた見事。まさにハマり役だったと言える。他にもディーン・フジオカ、石田ゆりこ、佐藤浩一、小池栄子など豪華な俳優陣の共演は見応えたっぷりだ。

640 (9)

今まさに記憶から消えないぐらいの歴史的な転換点にいる私たち。政府の動きが気になる昨今ではあるが、こういう心の底から笑うことの出来る映画を見れば、外出自粛の中で家にいることが多い中でもたくさん笑えるかもしれない。

640 (5)

【あらすじ】
国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変貌してしまった。国政の混乱を避けるため、啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、啓介は秘書官たちのサポートにより、なんとか日々の公務をこなしていった。結果的にあらゆるしがらみから解放されて、真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。

【キャスト】
中井貴一、ディーン・フジオカ、小池栄子 その他

【スタッフ】
監督:三谷幸喜

バックナンバー
ページトップへ