MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『AKIRA』世界に衝撃を与えた日本アニメーション映画の傑作
この映画は、つまり―
  • 1988年に世界を震撼させた超感覚アニメーション!
  • 大友克洋の同名漫画を原作者みずから映画化!
  • IMAX版の公開、4K版の発売決定!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『AKIRA』(1988)

huluで観る!こちら

Abemaで観る!こちら

この映画の舞台は2019年で、この映画の中での話をするのではれば、2020年にはオリンピックが開催されるはずだった。映画の様に第三次世界大戦は起きなかったものの、2020年はオリンピックが開催されるなど(延期になりましたが)、ある意味では日本の未来を予知した映画と言える。

640

1988年7月16日、関東地方で新型爆弾が炸裂し、勃発した第三次世界大戦。それから31年後の2019年が本作の舞台だ。反政府ゲリラ組織と軍隊が戦いを繰り広げ、若者は改造バイクで暴走する日々に明け暮れていた。そんな中、事故をきっかけにある能力に目覚めた若者は我を失って暴れまわる。「アキラ」とは何なのか?若者たちはどうなるのか?これが大きな本作の本筋だ。

640 (2)

精巧に作り上げられた映像の数々は、今見てもやはりトップクラスで、日本アニメーション映画の全ての能力が集結したと思わせるほどの綿密な絵作りはやはり本作の大きな魅力だ。特に夜の高速道路をバイクで疾走するシーンはある種本作を代表するシーンの一つであり、本作に登場する主人公の金田が乗る真っ赤な大型バイクは日本アニメ映画のシンボル的な存在である。海外でもこのバイクが人気である事から、本作が世界に与えた影響の大きさが伺えるだろう。

 AKIRA

ハリウッド実写化の話が随分前から出ていたが、現状では企画がストップしている模様。タイカ・ワイティティが監督をするらしいが果たしてどうなるのか。ちなみにプロデューサーにはレオナルド・ディカプリオの名前も。日本のみならず世界中にファンが多い作品だけにその動向が注目だ。最も今の世界の現状では、企画が進むかどうかは怪しいが。

tetsuo

ちなみに配信が始まったが、来週からはIMAXでの公開が、さらには4K版の発売も決まっている本作。オリンピックイヤー(だった)本年はまさに『AKIRA』という作品のすごさを改めて実感するのに最適の年と言えるだろう。

 kaneda

【あらすじ】
1988年7月、関東に新型爆弾が落とされて第3次世界大戦が勃発。それから31年が過ぎた2019年、東京湾上に築かれた新たな都市=ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控え、繁栄を取り戻しつつあった。ある夜、職合訓練校に通う不良少年の金田と仲間の鉄雄らは、閉鎖された高速道路でバイクを走らせていたが、そこで26号と呼ばれる奇妙な男と遭遇する。その男は、軍と対立するゲリラによって、「アキラ」という軍事機密と間違えてラボから連れ出され、軍に追われていた。そこへ現れた軍によって、26号と接触して負傷した鉄雄が連れ去られてしまい……。

 【キャスト】
岩田光央、佐々木望、小山茉美 その他

【スタッフ】
監督:大友克洋

バックナンバー