【 #みてみて 】 『 #ゴールデンスランバー 』韓国で再び映画化! 実力派監督と大人気俳優たちが手掛ける期待の作品 #カンドンウォン #ハンヒョジュ
この映画は、つまり―
  • 1伊坂幸太郎の作品が韓国で再び映画化!
  • 2. ビートルズの名曲を大人気韓国歌手がカバー
  • 3. 国際映画祭で賞をとった実力派監督が手掛ける!

記事を見る

 

ポスター画像

◆公開中の注目作 映画ゴールデンスランバー

1月12日に公開された今作は、国家的な陰謀になぜか巻き込まれてしまう平凡な男性の物語で、2009年に堺雅人主演で映画化されたものを韓国で再映画化。原作に感銘を受けたカン・ドンウォンが製作をオファーし、韓国での映画化が実現した。

平凡な宅配ドライバーのゴヌがアイドル歌手を強盗から救い出し、国民的ヒーローとなる。その後、旧友ムヨルに突然呼び出され、再会を喜んでいると、突然目の前で爆弾テロが発生。「お前を暗殺犯に仕立てるのが組織の狙いだ。誰も信じるな。生きろ!」という言葉を残し、自爆してしまう。そして彼は無数の人物に命を狙われ、ひたすら逃げ出すが、それが国家権力によるものだと知り、無実を証明するために反撃を始める。

画像1

今作のテーマソングとなっているのが、ビートルズ解散直前にポール・マッカートニーが完成させた「Golden Slumbers」である。この曲を人気男性アイドルグループWINNERのカン・スンユンと若き歌姫イ・ハイがそれぞれカバーする。映画でもゴヌの支えとなる曲だけに、注目するポイントである。

俳優陣としては韓国の芸能界で様々な活躍をする実力のあるメンバーが勢ぞろいしている。ハリウッド映画『Tsunami LA(原題)』(19年全米公開予定)に出演予定の主演のカン・ドンウォンを始め、相葉雅紀主演の『MIRACLEデビクロくんの恋と魔法』に出演したことのあるハン・ヒョジュなどが注目される。

また監督・脚本は、『俺たちの明日』第60回ロカルノ国際映画祭審査員特別賞を受賞したノ・ドンソク。韓国映画芸術アカデミー在学中に製作した短編映画が海外の映画祭で上映し高く評価され、第6回釜山映画評論家協会賞特別賞を受賞するなどしており、実力も大いに期待できる。

画像11

壮絶な映画のようにもみえるが、観た後には心が温かくなる映画だ。

疎遠になった友人に会いたくなるような気分にさせてくれる。

ぜひ劇場へ足を運んでみてはいかがでしょう。〔イトウ〕

公式HP:http://hark3.com/goldenslumber/

配給:ハーク

監督:ノ・ドンソク

キャスト:カン・ドンウォン、キム・ウィソン、ハン・ヒョジュ、ユン・ゲサン、キム・ソンジュン

絶賛公開中!

(C)2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED

バックナンバー
ページトップへ