MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『カイジ ファイナルゲーム』藤原竜也が9年ぶりに最強のクズ男を熱演する!
この映画は、つまり―
  • 最高に狂った藤原竜也が再び観れる!!
  • 悪魔的な面白さ!キンキンに冷えてやがる!!
  • 原作者が描く完全オリジナルストーリー!新ゲームが4つも登場!!

記事を見る

◆公開中の注目作 

『カイジ ファイナルゲーム』

ca162aa57e21765a

まさかの9年ぶりの続編を聞き驚いた人は多いだろう。舞台は2020年の東京五輪後で、経済が急激に失速しているという、些か笑えないような設定。相も変わらず社会の底辺で生きているカイジは再びギャンブルの世界に身を投じることになる。おそらく今回が完結編になると思われる。

640

カイジを演じるのはもちろん藤原竜也。気が付けば人間のクズばかりを演じるようになり、その独特の演技がネタにされることもしばしばあるが、やはり彼が演じるキャラクターというのは非常に魅力的だ。『バトル・ロワイアル』の頃からその才能を存分に発揮していた彼が今も映画界の第一線で活躍しているのは嬉しい限りだ。

640 (2)

本作は前作同様に原作者の福本伸行が入り、ストーリーを構築。前2作と違うのが本作は原作にない完全オリジナルのストーリーになっているということ。原作ストーリーがないことにガッカリするファンも中にはいるかもしれないが、言い換えれば物語の制限がないので、世界観を熟知している原作者が脚本にいることは非常に大きい。全く新しいカイジが誕生することだろう。

640 (3)

そして本作の最大の魅力は、原作には登場しないオリジナルのゲームの数々だ。新しいゲームが4つ、予告編で少しだけ登場したが、4つの全てが今までの作品にはない新しいものであり、なおかつスリリングになっている。思わずカイジと同じように叫びたくなるようなシーンが出てくることだろう。それぐらいに面白いゲームになっている。

640 (1)

常にゲームによって人生を動かされてきたカイジ。果たして彼は今度こそ本当の栄光を手に入れることができるのか?藤原竜也からまた新たな強烈な名言が飛び出すのか。いろんな意味でも注目の作品になっている。ぜひご覧になってください。

640 (4)

あらすじ
2020年・東京オリンピックの終了を機に、国の景気は急激に失速。金のない弱者は簡単に踏み潰される世の中になっていった。派遣会社からバカにされ、少ない給料で自堕落な生活を送るカイジは、ある日、帝愛グループ企業の社長に出世した大槻と再会。大槻から、金を持て余した老人が主催する「バベルの塔」という、一獲千金のチャンスを含んだイベントの存在を知らされ……。

 【キャスト】
藤原竜也、福士蒼汰、新田真剣佑、関水渚 その他

【スタッフ】
監督:佐藤東弥

公式サイト:https://kaiji-final-game.jp/

大ヒット公開中!!!

バックナンバー