【みてみて】シリーズ最新作『アナベル 死霊博物館』今回はアナベル版ナイトミュージアム?!
この映画は、つまり―
  • アナベル版ナイトミュージアム?!シリーズ最新作!
  • ハリウッドでひっぱりだこの監督にも大注目!
  • キーパーソンとなる3人の女の子たち。女優としての今後も気になる

記事を見る

◆公開中の注目作 
『アナベル 死霊博物館』

アナベル版ナイトミュージアム?!
人気ホラーシリーズ「アナベル」最新作

640

大人気ホラーシリーズで、呪いの人形として有名な「アナベル」が再び帰ってきた!超常現象研究家のウオーレン夫妻の自宅の地下に、他の骨董品とともに保管されている呪いの人形「アナベル」。毎週、神父が祈祷を施すなど除霊のようなことも行っているものの、地下には決して入らないようにと言われていた。

しかし夫妻が家を空けたある日、娘とその友人2人がその地下に足を踏み入れてしまう。そのことがきっかけで、またアナベルの呪いの連鎖が始まっていく。重要なのは、この夫妻が超常現象研究家ということもあって、地下に保管されているすべての物に霊が取り憑いているということ。アナベルが解放されたことにより、そこにあったすべての霊も解き放たれてしまう。


640 (1)

今作の監督を務めるのは、かつての「アナベル」シリーズの監督や『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』(17)の共同脚本を務め、ハリウッドでも注目を集めているゲイリー・ドーベルマン。「死霊館」シリーズの制作に携わり、その後「死霊館」シリーズに登場した人形アナベルに焦点を当てて作られた、『アナベル 死霊館の人形』(14)の脚本を担当。この作品は世界興収2億5600万ドル以上の大ヒットとなり、自身の名を轟かせた。

640 (2)

この映画の鍵となる、3人の女の子たちにも注目。今後のハリウッド映画を牽引する若者たちだ。ウオーレン夫妻の娘・ジュディ・ウオーレンを演じるのは、マッケナ・グレイス。マーク・ウェブ監督の『gifted/ギフテッド』(17/共演:クリス・エバンス)でブレイクし、放送映画批評家協会賞の最優秀若手俳優賞にノミネートされた経験がある。ウオーレン夫妻の姪を演じたのは、マディソン・アイズマン。そして彼女のクラスメイトで、今回呪いを解放してしまったダニエラを演じるのはケイティ・サリフ。彼女たちはみな、「死霊館」シリーズの大ファンで、撮影も楽しんで撮影できたとコメントしている。彼女たちの恐怖に立ち向かう演技も注目だ。

640 (3)

監督とキャストにも大注目の今作!「アナベル」シリーズを観たことがある人も無い人も、この夏が終わった涼しい季節に、少しぞくっとするホラー映画はいかがでしょうか。観た後には、布団に潜るのも、誰もいない家に一人でいるのも怖くなってしまうかも。

【STORY】超常現象研究家ウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを持つ一体の人形が運び込まれた。その人形の名は、アナベル。 アナベルは地下の“博物館”で、他の呪われし品々とともに厳重に封印された。夫妻が仕事で家を空ける、ある日。娘のジュディは年上の少女のメアリー、ダニエラの3人で一夜を過ごすことに。しかし、ダニエラが“警告 決して触るな“と書かれた博物館に勝手に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。それは、少女たちの想像を絶する悪夢のはじまりとなった……。史上最強の呪いの力を持つアナベルが、数々の悪霊たちを呼び覚まし、呪われし品々を従え、少女たちに襲いかかる! 

【キャスト】
マッケンナ・グレイス、マディソン・アイスマン、ケイティ・サリフ、パトリック・ウィルソン ほか

【監督】
ゲイリー・ドーベルマン

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/annabelle-museumjp/

絶賛公開中!

バックナンバー
ページトップへ