『アス』もしドッペルゲンガーが自分を襲って来たら?この秋注目のサスペンス・スリラー!
この映画は、つまり―
  • 『ゲット・アウト』の製作陣が贈る、サスペンス・スリラー!
  • ドッペルゲンガー現象に出会ってしまったら、あなたはどうする?
  • アメリカでの人気が『ゲット・アウト』の2倍?!

記事を見る

◆公開中の注目作  
『アス

アカデミー賞脚本賞受賞『ゲット・アウト』監督最新作!

全米大絶賛のこの秋注目の作品。


640

『ゲット・アウト』の監督と『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴが主演を務めるサスペンススリラー!

全米初登場で1位を記録し、アメリカのレビューサイトでは94パーセントの大絶賛を受けた今作。監督・脚本・製作をつとめたのは、『ゲット・アウト』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール。製作は『ブラック・クランズマン』や『セッション』でも活躍したジェイソン・ブラム。そして主演はアカデミー賞助演女優賞を受賞した経験のあるルピタ・ニョンゴ。彼らの夢のタッグに世界中が注目している。

640 (1)
監督のジョーダン・ピールは、当初コメディ業界を中心にキャリアをあげていた。そして『ゲット・アウト』でアカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞にノミネートされた。コメディでの経験を生かしつつも、サスペンス・スリラーという新たなジャンルを手がけて成功したことも彼の魅力の一つである。

製作のジェイソン・ブラムも、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズや『スプリット』などのホラー作品に携わり、業界を牽引する存在である。そんな彼らが再び手を組んだことで、最高にスリラーな作品が出来上がった。

640 (2)

人気のある『ゲット・アウト』と同じような作品だろうと想像する人も多いと思うが、全く違う。まず、製作陣や俳優陣も実力が前作を超え、アメリカでの人気度が大幅に違ってくる。初週で1位を獲得し、『ゲット・アウト』の2倍以上となる額を稼いだ。『ゲット・アウト』への面白さからの期待ともとれるが、今作の不思議な設定も観る者をわくわくさせる。


640 (3)

この話の核となるのは「ドッペルゲンガー」。世界に一人は自分そっくりな人間がいて、はち合わせすると死んでしまうという逸話を聞いたことがあるのではないだろうか。今作は、実際にドッペルゲンガーに出会ってしまった彼らの恐怖を描いている。そしてこのドッペルゲンガー現象はなぜ起きてしまったのか、トラウマとの関わりは何なのか、この家族だけに起こっているのか、なぜ手をつないで現れるのか。様々な異様な現象に注目してみて観るとより楽しめる作品になっている。


640 (4)

ホラーというよりは、サスペンス。そしてスリル満載で最初から最後までドキドキの展開。もし自分の身に起きたらどうするか、考えてみるのも面白いかもしれない。

《あらすじ》
夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。そして、家族の身に何か恐ろしいことが起こるという妄想を次第に強めていく彼女の前に、自分たちとそっくりな“わたしたち”が現れ……。

【スタッフ】
監督:ジョーダン・ピール

【キャスト】
出演:ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー 他
配給:東宝東和

公式HP:https://usmovie.jp/

(C)2018 Universal Studios All Rights Reserved.

絶賛公開中!

バックナンバー
ページトップへ