【 #みてみて 】 #おとなの恋はまわり道 セリフがあるのは二人のみ?!アメリカのワイン畑が舞台だけど監督はリゾートウェディング反対派!#キアヌリーブス #ウィノナライダー
この映画は、つまり―
  • 1.セリフは主人公の二人のみ?!
  • 2.撮影地は大人の薫り漂うアメリカのワイン畑
  • 3.今作の源はアンチリゾートウエディング!!

記事を見る

 

大人の恋ポスター

◆公開中の注目作 映画おとなのは、まわり
12月7日に公開された今作。お互いに恋に悩みを抱え、恋を避け続けていた男女が、偶然出会い、人生を変えていく!恋と人生に悩む大人に是非観て欲しい作品である。

 主人公リンジーを演じるのは、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(16~)に出演しており、『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』(93)でアカデミー賞ノミネートとゴールデングローブ賞に輝いたウィノナ・ライダー。そして彼女が相手役に選んだのは、『ジョン・ウィック』シリーズ(14/17/19)で有名なキアヌ・リーブスだ。

大人の恋1

この物語は、彼ら以外にも登場人物はいるものの、セリフがあるのはこの二人のみ。だからこそ、より鮮明に、二人だけの世界が視聴者には見えてくる。

この映画が撮影されたのは、アメリカのカリフォルニア州北西部にあるセントラルコースト地区である。ここは天候も良く、数々のワイン畑があり、町並みも趣深い。まさに、大人らしさが詰まった場所である。

監督兼脚本を担ったヴィクター・レヴィンは、この映画を作る源として、アンチリゾートウエディングという考えがあったという。わざわざ遠いところに行ってまで、結婚のお祝いをしにいくということに疑問を持っていた。そのような考えも、この作品では嫌味らしく、二人が代弁してくれている。

 大人の恋2

恋愛というのは、若者だけではなく、何度も失敗してきた人間もするものである。

恋愛を見つけることは難しいけれど、過去の恋愛から逃げるか、前進しようとするかで大きく人生が変わるということをこの映画は教えてくれるだろう。

公式HP:http://koi-michi.com/index.html
配給:ショウゲート

監督・脚本:ヴィクター・レヴィン

キャスト:ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス

絶賛公開中!

 

バックナンバー
ページトップへ