【#みてみて 】#バイス 実在するアメリカ副大統領の狂った半生を描くブラックコメディ!ドロドロのホワイトハウスの裏側も垣間見える映画! #アカデミー賞 #クリスチャン・ベール #エイミー・アダムス #アダム・マッケイ
この映画は、つまり―
  • 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスタッフ・キャストが再び集結!
  • 驚くべき変貌!主演クリスチャン・ベールの“逆肉体改造”
  • 秘密主義で知られるディック・チェイニーの20代から70代までが赤裸々に語られる!

記事を見る

◆公開中の注目作 映画バイス』 

 本年度アカデミー賞の作品賞候補作で、史上最凶ともいわれる米副大統領ディック・チェイニーの驚くべき半生を描いた映画『バイス』。
クリスチャン・ベールら超一流キャストがブラックな笑いを誘う本作は、企画開始から極限の役づくり、コミカルかつ奇抜な構成で暴かれるホワイトハウスのドロドロな裏側まで、目の離せない映画になっています。

640-4

大して勉強もせず大学を退学になり、酒浸りで田舎の電気工をしていたチェイニーが、いかにしてホワイトハウスにワルの帝国を築くまでの人物になったのか。
秘密主義で知られるチェイニーの20代から70代までを丸裸にした本作ですが、何とチェイニー本人の許可は取っていないそうです!

640-6

そのチェイニーを演じたクリスチャン・ベールは役作りのために20キロもの増量をして撮影に挑んでいます。彼の代表作である『ダークナイト』シリーズでは鍛え上げられた肉体を披露し、サイコスリラー映画の『マシニスト』では55キロまで体重を落としています。彼の役者魂には脱帽です。

640-8

ブッシュ政権下で、もうひとりの大統領となったチェイニーが、憲法の拡大解釈や大規模な印象操作によって、すべきでなかった戦争を起こしてしまいました。
チェイニーの決断の一つ一つによって、アメリカだけでなく、テロや戦争が横行する現在の混乱した世界が形作られたと暴く本作は、とてつもなく楽しく、そして非常に恐ろしい、2019年を代表する一本に仕上がっています。
ぜひ劇場でご覧ください!

640-5

【あらすじ】
1960年代半ば、酒癖の悪い電気工ディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)は、恋人のリン(エイミー・アダムス)に激怒され、彼女を失望させないことを誓う。
その後、下院議員のドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)のもとで働きながら政治のイロハを学んだチェイニーは、権力の中に自分の居場所を見いだす。
そして頭角を現し大統領首席補佐官、国防長官になったチェイニーは、ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)政権で副大統領に就任することになる。

 スクリーンショット 2019-04-02 23.45.11

公式HP:https://longride.jp/vice/

配給:ロングライド

絶賛公開中!!

バックナンバー
ページトップへ