MOVIE MARBIE

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『ジャングル・クルーズ』アトラクション以上!迫力満点のクルーズツアーが出航!

この映画は、つまり―
  • あの有名なディズニーアトラクションを映画化!
  • アトラクション以上にハラハラドキドキ!手に汗握るジャングルの脅威!
  • 愉快で最強の船長を演じるのはロック様ことドウェイン・ジョンソン!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『ジャングル・クルーズ』(2021)

Disney +で観るこちら

ディズニーランドで大人気のアトラクション「ジャングル・クルーズ」が映画になりました。今までもディズニーランドのアトラクションは度々、実写化されています。一番有名なのは「カリブの海賊」を実写化した「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでしょう。今週ご紹介する『ジャングル・クルーズ』はまるであの「パイレーツ・オブ・カリビアン」のようなスリル満点の冒険ストーリーとなっています!

はじめに今作の一番の見どころは“リアルすぎるCG”。最新鋭のCG技術を使いアマゾンの動物たちも危険すぎるアマゾン川もまるで本物のように表現されています。特に滝に落ちそうになるシーンは、手に汗握るほどハラハラドキドキの展開が楽しめます。そしてそのライブ感は、もはや実際に体験するアトラクション以上の迫力!

そして映画ファンなら見逃せないのは、今作のキャスト。アトラクションではジョークを飛ばす船長が一つの魅力ですが、この愉快な船長をドウェイン・ジョンソンが演じます。しかし、アトラクションとは違い、船長はあの<ロック様>。どんな動物が襲ってきても、どんな危険な船の”運転”もロック様にはお手の物。さらに今回は、アマゾンならではの“あの猛獣”と戦うシーンもあるので必見です。そしてリリー博士を演じるのはエミリーブラント。近年は『クワイエットプレイス』や『メリー・ポピンズ』の強い女性のイメージが強いですが、今作では“インディ・ジョーンズ”のようなまた違った勇敢な女性を演じ、新たな姿を見せてくれます。

今年の夏は遠出ができない方も、ディズニーランドに行けない方も、是非ディズニープラスでハラハラドキドキのクルーズを楽しんでみてください!映画はディズニープラスで配信中、劇場で公開中です。

【ストーリー】
アマゾンのジャングルの奥深くに「“奇跡の花”を手にした者は永遠の命を手にする」という不老不死の伝説があった。行動力と研究心を兼ね備えた植物博士のリリーは、この秘密の花を求めて危険に満ちたアマゾンへ旅立つ。リリーが旅の相棒に選んだのは、現地を知り尽くしたクルーズツアーの船長フランク。ジャングルに生息する珍しい動物やスリルあふれる先住民の村、滝の裏側など名所の数々を、時にジョークを交えながら観光客相手にガイドしているフランクだったが、彼にもまた、奇跡の花を求める、ある理由があった。「伝説に近づく者は呪われる」と言われる、アマゾン奥地の「クリスタルの涙」を目指してジャングルを進むリリーたち。そこで彼らは恐るべき真実を知り、奇跡の花をめぐる争奪戦に巻き込まれる。

【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント

【スタッフ】
監督:ジャウム・コレット=セラ

バックナンバー