MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

『悪人伝』悪人面の極悪組長を演じるマ・ドンソクがハマり過ぎている!!
この映画は、つまり―
  • マ・ドンソク兄貴主演のバイオレンス・アクション!
  • 極悪組長役がハマり過ぎている!!
  • スタローン制作でハリウッドリメイク決定!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『悪人伝』(2019)

Amazonプライムで観る!⇒ 字幕版吹替版

Netflixで観る! ⇒ こちら

今や韓国映画の顔とも言える存在になったマ・ドンソク。『新感染』で強烈なインパクトを残したこの強面俳優は、来年公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバース作品『エターナルズ』に出演することも決定。ハリウッドデビューを勝ち取った。ちなみに強面だけど、『スタートアップ!』ではコメディ演技も披露してくれるので、そちらも必見だ。

強面だけど善人だった『新感染』と異なり、本作では狂暴なヤクザの組長を演じた彼だが、本当に演技なのか?と疑いたくなるほどに自然に馴染んでいるから驚きだ。有無を言わさない圧倒的な存在感を放つマ・ドンソクはそれだけで画になるし、彼が見せるアクションの数々も痛快そのものだ。

彼が演じたのは暴力的な組長だが、そんな彼はある無差別殺人に巻き込まれてしまう。彼は奇跡的に一命をとりとめたが、そんな彼がおとなしく犯人が捕まるのを待つわけもなく、彼は自分で犯人に制裁を下そうと動き出す。そんな彼と衝突するのが同じく暴力的な刑事。極悪な組長と暴力刑事というあり得ない組み合わせが共に犯人を捕まれるために共闘する姿は胸アツだ。

そんな本作だが、なんとハリウッドでのリメイクも決定し、何とあのシルヴェスター・スタローン制作で決定したのだ。このニュースだけでも、本作の完成度がいかに高いかが分かるだろう。韓国映画はバイオレンス描写も容赦ないものが多いが、その徹底した描写は世界的に高く評価されている。韓国映画が培ってきた娯楽性が存分に発揮された作品とも言えるだろう。

留まることを知らない韓国映画の世界的大躍進。バイオレンス・アクション映画としても、バディ物としても十二分に楽しむことが出来る作品になっている。段々寒くなってきた今日この頃だが、こんな時こそマ・ドンソク兄貴の熱い暴れっぷりを見て、寒さを吹き飛ばして頂きたい。


【あらすじ】
凶悪なヤクザの組長チャン・ドンスが、ある夜何者かによってめった刺しにされた。奇跡的に一命をとりとめたドンスは、対立する組織の犯行を疑い、犯人捜しに動き出す。一方、警察サイドで捜査にあたるチョン刑事は暴力的な手段も辞さない荒くれ者として、署内でも問題刑事として知られていた。まだ世間の誰も気づいていない連続無差別殺人鬼がこの事件の犯人であると確信したチョン刑事は、その手がかりを求めてドンスにつきまとう。ドンスとチョン刑事は互いに敵意をむき出しにするが、狡猾な殺人鬼を突き止めるには互いの情報が必要であると悟り、共闘して犯人を追い詰めてゆく。

【キャスト】
マ・ドンソク、キム・ムヨル ほか

【スタッフ】
監督:イ・ウォンテ

公式サイト:http://klockworx-asia.com/akuninden/#smooth-scroll-top

バックナンバー