【 #みてみて 】新生活。つまずくこともあるだろうけど、きっとそのうち救われる!! #岩井俊二 #黒木華 #リップヴァンウィンクルの花嫁
この映画は、つまり―
  • 【1】 12年ぶり!岩井俊二監督の長編映画!
  • 【2】 ぼっちだし、もう限界。生きるのって難しい…
  • 【3】 黒木華、Coccoの演技から目が離せない!

記事を見る

◆公開中の注目作 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

mm
(C)RVWフィルムパートナーズ

新生活。つまずくこともあるだろうけど、きっとそのうち救われる!!

 『リップヴァンンウィンクルの花嫁』は黒木華が演じる、特に取り柄もない、友達もいない、おまけに生徒たちにもからかわれるような気の弱い派遣教員である七海が主人公の物語。そんな彼女の現代人っぷりになんか共感してしまう。毎日スマホで自分の悩みや愚痴を投稿。結婚相手もSNSがきっかけで、特に苦労もせずに手に入れてしまう。結婚式では見栄えを気にして、自分の親族の代理を数十人も立てる。幸せそうな生活もつかの間、夫との関係もすぐに崩壊。波瀾万丈、ちょっとイタいようだけど、今を生きる人たちにとっては他人事ではないのではないか。
 でも、映画のなかで「空白な関係」のなかで生きているのは彼女だけではない。七海と一緒にメイドとして働き、自由気ままな生活を楽しみ、女優も職業にしている真白(Cocco)も似ている。一見、明るく楽しんで生活をしている姿からは想像もできないような過去、現在進行形の問題を抱え、苦しみながら生きている。そんな彼女が求めるものは本当の「友達」。
 七海と真白が出会い、絆が生まれ、強まる様子は観ていて希望が湧いてくる。前半の七海の絶望的な状況が嘘のように変わっていく様子は清々しい。人生孤独じゃない、きっとどこかに救いがあるんだ…そう思えてならない。その現実のほろ苦さや一筋の救いのようなものを描く岩井俊二監督的な映像の世界もファンにとっては待ち望んだものになっている。
 そんな女性2人の物語ではあるけど、実は彼女たちを結びつけた謎の男・安室(綾野剛)の絡み方も大きなポイント。なぜこの男がこの2人を結びつけたのか?その真意は?そんなミステリアスな部分を解き明かして行くのも大きな楽しみのひとつではないか。

◯スタッフ
監督・脚本:岩井俊二

◯キャスト
皆月七海:黒木華
安室行舛:綾乃剛
里中真白:Cocco
里中珠代:りりぃ

(配給:東映)

全国公開中

公式HP:http://rvw-bride.com/

バックナンバー
ページトップへ