雪山ロッジにクセ者8人!起こった密室殺人の容疑者は全員。犯人はだれだ!? #ヘイトフル・エイト #クエンティン・タランティーノ #サミュエル・L・ジャクソン
この映画は、つまり―
  • 1.『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』のクエンティン・タランティーノ監督作
  • 2.全員嘘つき!探り合いの会話の妙
  • 3.サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセルらタランティーノの常連集結!

記事を見る

◆公開中の注目作 映画「ヘイトフル・エイト」

m0304
(C)Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

雪山ロッジにクセ者8人!起こった密室殺人の容疑者は全員。犯人はだれだ!?

 舞台は南北戦争から約10年後、真冬のワイオミング。賞金稼ぎのジョン・ルースと女囚人のデイジー・ドメルグを乗せた馬車は、デイジーを処刑するためにレッドロックに向かっていた。道中、連邦軍兵士上がりの悪名高き賞金稼ぎのマーキス・ウォーレン、保安官だと言う南軍の裏切り者のクリス・マニックスに出会う。しかし吹雪にあってしまったため、その馬車は避難のためにミニーの店に向かう。店に到着するが、女店主ミニーはおらず、留守番のボブ、レッドロックの絞首刑執行人オズワルド・モブレー、南軍将軍サンフォード・スミサーズ、カウボーイのジョー・ゲージの4人がいた。吹雪が激しさを増すなか、ロッジに集まった訳アリの8人の男女。偶然集まったように見えた8人の過去がつながりはじめ、予想もできないようなことが起こり始める…
 メガホンをとるのは『パルプ・フィクション』、『ジャンゴ 繋がれざる者』のタランティーノ。本作は自身初となる密室ミステリーに挑みつつも、『レザボア・ドッグス』を彷彿させる会話劇でもある。『パルプ・フィクション』などのサミュエル・L・ジャクソン、『デス・プルーフ inグラインドハウス』のカート・ラッセルら同監督にはお馴染みの俳優他、本作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジェニファー・ジェイソン・リーらが出演。音楽は、タランティーノが敬愛するエン二オ・モリコーネが担当。見事、アカデミー賞作曲賞を受賞した。
みんな注目のタランティーノ新作は、初の試み!西部劇にして、雪山密室殺人事件!!タランティーノらしいバイオレンスとスリリングな会話劇の鋭さは流石。「俺の最高傑作だ」と豪語しているのも、うなずける!またまた、次回作にまで期待がかかっちゃいます!

◯スタッフ
監督/脚本:クエンティン・タランティーノ
音楽:エンニオ・モリコーネ

◯キャスト
サミュエル・L・ジャクソン
カート・ラッセル
ジェニファー・ジェイソン・リー
ウォルトン・ゴギンズ
デミアン・ビチル

(配給:ギャガ)

全国公開中

公式HP:http://gaga.ne.jp/hateful8/

バックナンバー
ページトップへ