【 #みてみて! 】やっぱりみんな...かわいすぎ!しかも泣ける!! #ILOVEスヌーピー THE PEANUTS MOVIE #スヌーピー #鈴木福 #芦田愛菜
この映画は、つまり―
  • 1.スヌーピーとチャーリー・ブラウンの友情に心温まる!
  • 2.どうなる!?チャーリー・ブラウンの初恋。
  • 3.どうなってるの?あの「毛並み」!

記事を見る

◆公開中の注目作 映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」

snu
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. PEANUTS (C) Peanuts Worldwide LLC

やっぱりみんな...かわいすぎ!しかも泣ける!!

 何をやってもうまくいかないチャーリー・ブラウンはいつもみんなに呆れられていた。そんな彼のクラスに、赤毛の女の子が転校してくる。一目惚れしたチャーリー・ブラウンは花束を持って、スヌーピーと一緒に彼女の家の玄関まで行くが、最後の勇気が出ない。一方、空想好きなスヌーピーは、大冒険の旅に出る。パイロットになりきった彼は、パリの空へと出撃。レッド・バロンを倒すという使命に燃え、危険な飛行を行いながらもパリジェンヌのフィフィに一目惚れ。ロマンティックな空のデート、アクロバティックな戦いに身を投じるが、チャーリー・ブラウンのピンチにはすぐに帰って来る。初恋の相手と踊りたいという彼のためにダンスの手ほどきをし、いつでも背中を押してくれる。自分を変えたいと決意したチャーリー・ブラウンはダメな少年から抜け出し、赤毛の女の子と話すことができるのか?
 1950年に誕生してから、アニメなどにもなったチャールズ・モンロー・シュルツのマンガ「ピーナッツ」を『アイス・エイジ』シリーズで知られるブルー・スカイ・スタジオが、コミック連載開始65周年となる今年にフル3DCGで映画化。最新の技術で毛並みまでリアルに再現され、触りたくなるような毛並みの超キュートなスヌーピーに仕上がっている。『ロボッツ』や『ホートンふしぎな世界のダーレダレ』など3DCGアニメを手掛けたスティーブ・マーティノがメガホンをとり、映画を彩る音楽を『アナと雪の女王』のクリストフ・ベックが担当。日本版では、チャーリー・ブラウンの声を「マルモのおきて」の鈴木福、チャーリーの妹・サリーを小林星欄、ルーシーを谷花音、赤毛の女の子を芦田愛菜と人気子役が勢揃いしている。
 スヌーピー好きはもちろん、「スヌーピーってどんな話だろ?」なんて思う方も、きっと温かい気持ちさせてくれるこの冬必見のアニメーション!

◯スタッフ
監督:スティーブ・マーティノ
脚本:クレイグ・シュルツ

◯キャスト
チャーリー・ブラウン(鈴木福)
赤毛の女の子(芦田愛菜)
サリー(小林星欄)
ルーシー(谷花音)

(配給:20世紀FOX映画)

全国公開中

公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/snoopy/

バックナンバー
ページトップへ