【 #みてみて! 】何かに迷えるすべての人を応援します! 何回つまずくだって、人生は、自分は、書き直せる!! #Re:LIFE リライフ #ヒュー・グラント #J・K・シモンズ #リライフ
この映画は、つまり―
  • 1.ラブコメの帝王!ヒュー・グラントが落ちぶれた映画脚本家に大変身!
  • 2.映画「セッション」の鬼教師役で本年度アカデミー賞®助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズが、ハートフルな学科長に!
  • 3.人生の中で本当に愛せる新しい何かを見つける! 迷えるすべての人を応援する感動作!

記事を見る

◆公開中の注目作 映画「Re:LIFE リライフ」

main_rewrite_06127_large
(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

何かに迷えるすべての人を応援します!
何回つまずくだって、人生は、自分は、書き直せる!!

「ノッティングヒルの恋人」、「ブリジットジョーンズの日記」、「ラブ・アクチュアリー」など、数々のロマンティック・コメディの名作を送り出し、スマートだけどダメ男役で大ブレイク!ラブコメの帝王とも呼ばれるヒュー・グラント。プライベートでは55歳にして4人の子供を授かったことで話題になっているが、もはや「ラブコメを演じるには歳をとりすぎた」とコメントしてチョイスした新作「Re:LIFE リライフ」。本作は、ハリウッドのトップから転落し、生活費のために小さな大学の講師を始める脚本家が、失敗を繰り返しながらも人生をやり直そうと奮闘する姿を描き出す。
 落ちぶれた映画脚本家を演じているヒュー・グラントを始め、「セッション」で鬼教師役を演じ、本年度アカデミー賞®助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズが、家族の話をすると感激してすぐ泣いてしまうハートフルな学科長に扮し、涙と笑いを誘う。監督は、ヒュー・グラントと4度目のコラボとなる『ラブソングができるまで』のマーク・ローレンス。
 人生とは、誰しもつまずくもの。大切なのは、そこをどうやって乗り越えて、どうやり直すかである。人生の中で本当に愛せる新しい何かを見つける! 迷えるすべての人を応援する感動作で心をポカポカしてみませんか?

◯スタッフ
監督:マーク・ローレンス
製作:マーティン・シェイファー
   リズ・グロッツァー
製作総指揮:デビッド・コプラン
脚本:マーク・ローレンス

◯キャスト
ヒュー・グラント(キース・マイケルズ)
マリサ・トメイ(ホリー)
ベラ・ヒースコート(カレン)
J・K・シモンズ(ラーナー)

(配給:キノフィルムズ )

11月20日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー中

公式HP:http://www.relife-movie.com/

バックナンバー
ページトップへ