『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』
この映画は、つまり―
  • 1. 今や日本中の子供が中毒といってもいい大ブームとなった「妖怪ウォッチ」が、ついに映画化
  • 2. 突然消えた妖怪ウォッチを探しに、昭和の世界へタイムスリップ、妖怪ウォッチ誕生の秘密にせまる。
  • 3. ジバニャン、トゲニャン、トゲニャンなど、人気の妖怪が登場が活躍!(かわゆい〜 ♥)

記事を見る

◆公開中の注目作 映画『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』

youkai sub01_large
(C)LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト2014

ゲラゲラポー!動画見てみてな、きっとハマる!
大ヒットの影に、最強の仕掛け人アリ!

「妖怪ウォッチ」。今年1月にテレビ放送が始まるや、ゲームソフトの販売本数も1作目が110万本を超え、7月に発売された2作目は初週で販売本数130万本を突破。関連のウォッチやメダルも品切れの大ヒットコンテンツがこのお正月ついに劇場公開となり、見込で60億を超える大ヒットとなっている。この仕掛け人は、福岡を拠点にするゲーム会社の「レベルファイブ」。代表は「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」「レイトン教授と不思議な町」などのヒット作を送り出してきたゲームクリエーターの日野晃博氏。まさに時代の寵児で、2013年に発売したゲームを原作に「妖怪ウォッチ」を送り出すと、コミックやアニメも含めたクロスメディア展開で、子どもたちの間で大ブームを巻き起こしている。
劇場版アニメ版は、ある日、寝ていたケータの腕から突然、妖怪ウォッチが光を放って消えてしまうことから始まる。手がかりを探しに祖母の家のあるケマモト村に向かったケータは、そこで妖怪ウォッチが消えた謎の鍵を握る妖怪フユニャンと出会う。ケータは妖怪ウォッチを取り戻すため、ウィスパーやジバニャン、フユニャンとともに60年前の世界にタイムスリップするが、そこには強大な敵が待ち受けていた。
(配給:東宝・ランキング2位)

○スタッフ
 監督
  高橋滋春
  ウシロシンジ
 クリエイティブプロデューサー
  日野晃博
 企画
  日野晃博
 シナリオ原案
  日野晃博

○キャスト(声の出演)
* 戸松遥天野景太(ケータ)
* 小桜エツコジバニャン
* 関智一ウィスパー
* 梶裕貴フユニャン
* 奈良徹熊島五郎太(クマ)

○公式HP http://www.eiga-yokai.jp/

バックナンバー