『アイアムアヒーロー』頼りない男が英雄になるまでの物語
この映画は、つまり―
  • 花沢健吾ベストセラーの映画化!!
  • 大泉洋、有村架純、長澤まさみの豪華キャスト終結!!
  • ZQNから逃げきれ!!

記事を見る

◆配信中の注目作 

『アイアムアヒーロー』(2016)

Netflixで観る!こちら

huluで観る!こちら

Amazonプライムで観る!こちら

YouTubeで観る!こちら

GooglePlayで観る!こちら

poster2

本作『アイアムアヒーロー』は、ゾンビという単語こそ出てこないが所謂「ゾンビ映画」である。もはや一つのジャンルとして確立されているものの、全国公開クラスの日本映画ではこれまでほぼ作られてこなかったニッチなジャンル映画に、大泉洋や有村架純、長澤まさみといったビッグネームが出演している。それだけでも(漫画が原作であることを考えても)日本映画的には十分な事件と言える。

ゾンビ映画としては定番の場面も多く出てくるのも良い。ゾンビパンデミックが始まるとやはり主人公の恋人は死ぬし、生き残った人間の中にはゾンビ化しない人間、つまり抗体を持つ人間もいるなど、ゾンビ映画ならではのツボも抑えている。ここまで王道のゾンビ映画をこのキャストで観れるのは非常に贅沢なことだ。

本作『アイアムアヒーロー』は冴えない漫画家・鈴木英雄が大切な人を守るために文字通り「英雄」になる物語だ。頼りない主人公を大泉洋が演じるわけだが、これが実に合っている。大泉洋というと癖の強い役が多いイメージが強いかもしれないが、本作のように少し冴えない男性も上手い。バラエティなどの印象が強いかもしれないが、やはり彼は演技派俳優なのだ。

頼りなかった男が大切なものを守る中で成長していくこの映画は、彼と同じようにくすぶっている日々を送る人々に勇気を与えてくれる。決して特別でない人間が成長する物語はいつだって観ている側に勇気と希望を与えてくれるのだ。

【あらすじ】
冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく

【キャスト】
大泉洋、有村架純、長澤まさみ その他

【スタッフ】
監督:佐藤信介

バックナンバー
ページトップへ