MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

仲間との掛け替えのない瞬間、バンドがカッコいい音楽映画特集① 『スクール・オブ・ロック』

今週末公開の『サヨナラまでの30分』はメジャーデビュー目前で解散してしまった音楽バンドが、あるきっかけで再び音楽に向き合う物語だ。物語はもちろん、作中で披露される楽曲の数々も話題になっている。そこで今週の「今夜何観る?」はバンドがカッコいい音楽映画を特集する。

『スクール・オブ・ロック』(2003)
ジャック・ブラックの魅力が炸裂しているバンド映画の代表格。

■AmazonPrimeで観る⇒こちら

ジャック・ブラック主演のコメディ映画ではあるが、決してバカ一辺倒の映画ではない。バンドをクビにされた中年男が、金を稼ぐために名門小学校に潜り込み、生徒たちには授業と称して密かにロックを教え込む。厳しい規則の中で生きてきた生徒にとってそれは新鮮で、魅力的な音楽だった。教師と生徒がロックという夢を追いかける熱い映画なのだ。

洋楽ロックファンが思わずニヤリとするようなアーティストの楽曲やフレーズがたくさん出てくるのも本作の見どころ。、レッド・ツェッペリン、AC/DC、ドアーズ、ブラック・サバス、メタリカなど、挙げだしたらキリが無い!聞いているだけで楽しくなるし、今まで興味がなかった人も本作を見れば洋楽ロックの魅力の虜になってしまうこと請け合いだ。

それもこれも映画として本作がしっかり成り立っていればこそ。監督のリチャード・リンクレイターといえば「ビフォア」シリーズのようなおしゃれな作品をイメージする人が多いかもしれないが、本作のようなコメディだって撮れてしまうのだ。ジャック・ブラックのコメディセンスを存分に引き出して見せた本作は、今でもなお洋楽ロック映画の代表格なのだ。

4bae02fde6150a21

【ストーリー】
バンドをクビにされ、ルームメイトのネッド(マイク・ホワイト)からも追い出されたデューイ(ジャック・ブラック)は名門小学校で代用教員をしているネッドになりすましバイト感覚で学校へ行くが……。

【キャスト】
ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト ほか

【スタッフ】
監督:リチャード・リンクレイター