MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

残念なクリスマス映画特集②『ダイ・ハード』


【共感シアター】クリスマス特別企画<『ダイ・ハード』同時再生祭>開催決定!

いよいよ今年もクリスマスの時期がやってきた。街にはマライア・キャリーや広瀬香美の曲が流れ、(日本だけは)恋人たちの季節などとされ、あちこちで盛りの付いた猫のごとく男女がイチャつきあっている。そんなクリスマスに残念なことに不幸な出来事に巻き込まれてしまった人たちがいる。そんな彼らの最悪のクリスマスを振り返っていこうと思う。

『ダイ・ハード』(1988)
本作を抜きに残念なクリスマスは語れない

■Amazon Primeで観る⇒こちら
■YouTubeで観る⇒こちら
■GooglePlayで観る⇒こちら
■huluで観る⇒こちら

「他人の不幸は蜜の味」とはよく言ったものである。映画を観ていると、しばしば終始不幸なシチュエーションにある人間を見ているが、私たちはそんな彼らがどのようにしてその不幸を切り抜けるのかを楽しみにしている。そんな私達が愛してやまない作品が本作『ダイ・ハード』だ。今回の特集である「残念なクリスマス」とはまさに本作の主人公、ジョン・マクレーンのことである。

単身赴任中の妻の会社のパーティに来たら、そのビルがテロリスト集団に占拠され、相手を一人ずつ倒していく。一見すると凄くスパイ映画的な設定に見えるが、マクレーンにはそんな繊細なスタイルは似合わない。敵を全力で殴り倒し、必要とあらばビルの窓から宙づりになることも厭わない。最も不運な男は、ありとあらゆる手段を駆使し、敵を倒していく。その姿はやはり痛快だ。

すでに5作品が製作されている『ダイ・ハード』シリーズ。ブルース・ウィリスの代表作となり、人気アクション映画シリーズとして成長している本作。娘のルーシーも、息子のジャックも不幸な事件に巻き込まれているマクレーン一家。彼らが笑顔で安心できるクリスマスを過ごせる日はやってくるのだろうか・・・

6a8c52736ce75e23

【ストーリー】
ニューヨークの刑事ジョン・マックレーン(ブルース・ウィリス)は、クリスマス休暇を妻ホリー(ボニー・ベデリア)と2人の子供たちと過ごすためロサンゼルスへやってきた。ジョンは、クリスマス・イヴの今日、ナカトミの社長タカギ(ジェームズ・シゲタ)の開いている慰労パーティに出席している妻を訪ね、現代ハイテク技術の粋を極めた34階建ての超高層ナカトミビルに向かうのだった。ところがパーティも盛りあがりをみせた頃、13人のテロリストがビルを襲い、事態は混乱を極める。リーダーのハンス・グルーバー(アラン・リックマン)は金庫に眠る6億4000万ドルの無記名の債券を要求するが、タカギがそれに応じないのを見てとると、彼を射殺してしまう。そしてその現場をジョンが目撃したことにより、彼とテロリストたちの息詰まる戦いの火ぶたが切って落とされるのだった。

【キャスト】
ブルース・ウィリス、ボニー・べデリア、アラン・リックマン ほか

【スタッフ】
監督:ジョン・マクティアナン