MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

ここではないどこかへ!「異世界探訪」映画特集②『サイレントヒル』 霧に包まれた街に蠢く、得体の知れない恐怖

今週末に公開される映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は謎のゲーム“ジュマンジ”の世界に迷い込み冒険を繰り広げる物語だ。自分の世界とは異なる、いわゆる「異世界に迷い込む」という設定の映画は数多く有るが、そのどれもがその映画独自の世界観を作り上げている。そこで今週は様々な種類の異世界探訪映画を特集する。

『サイレントヒル』(2006)
霧に包まれた街に蠢く、得体の知れない恐怖

■Netflixで観る⇒こちら
■Amazon Primeで観る⇒こちら
■YouTubeで観る⇒こちら
■GooglePlayで観る⇒こちら

灰が降り注ぎ、街は濃霧に覆われている。沈黙の街からは鳥のさえずりすら聞こえない。そして不意に静寂を破るのは恐怖をかき立てるサイレンの音。その瞬間に異形の物がはびこる異様な世界に姿を変える。映画『サイレントヒル』はまさに異世界に迷い込んでしまう恐怖を描いた作品と言えるだろう。

街のビジュアルがあまりにも強烈な本作。真っ白な霧に包まれたゴーストタウンの「表世界」が、一変して血と錆にまみれたグロテスクな「裏世界」に変貌する。このコントラストの使い分けが見事すぎる。そして「裏世界」の住人である異形の者たちのデザインも実に秀逸だ。恐怖そのものでありながら、同時に美しさも感じられるデザインは一見の価値ありだ。

本作は同名ゲームの実写化作品だが、この手の映画では珍しくファンも納得する仕上がりになっている。監督を手掛けたクリストフ・ガンズ自身がゲームの大ファンであり、撮影現場にゲーム機を持ち込み、キャストにプレイ映像を見せながら演出したほどの筋金入りだ。ゲームを知っている人は、その完コピ具合に驚き、知らない人でも上質なホラー映画として楽しめるはずだ。

silent hill_001

なお本作のサイレントヒルのモデルになったのはセントラリアという実在するアメリカの街。この街は炭鉱火災で有毒ガスが発生し、今ではゴーストタウンとなっている。そして火災は今も沈下されずに燃え続けている。もしかしたらその街は本作のような異形の物が住む異世界に繋がっているかもしれない。

silent hill_005

【ストーリー】
「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされながら失踪してしまった最愛の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親のローズ(ラダ・ミッチェル)。彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われる……。

【キャスト】
ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、ローリー・ホールデン ほか

【スタッフ】
監督:クリストフ・ガンズ