MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

最高の吹替えといえばこの2人!「シュワちゃん×玄田哲章 黄金コンビ」特集④

公開から20年以上経つ今でも絶大な人気を誇るアーノルド・シュワルツェネッガー主演の傑作アクション映画『コマンドー』。そんな不朽の名作が再びスクリーンに蘇る!その名も『コマンドー 4Kニューマスター テレビ朝日吹替版』!もちろんシュワちゃんの日本語吹き替えは、今やシュワ本人公認の声優・玄田哲章だ。そこで今週の「今夜何観る」ではシュワちゃん×玄田哲章の最高の吹替を特集!!

『ラストスタンド』(2013年)
年を重ねて帰ってきた復帰後初の主演映画!

カリフォルニア州知事としての任期を終え、『エクスペンダブルス2』で晴れて役者業に復帰したシュワちゃん。一応は脇役ポジション(にしては大活躍)で肩慣らしを終え、いよいよ単独主演で完全復帰を果たしたのが本作『ラストスタンド』だ。

元ロス市警の敏腕刑事で今はメキシコ国境付近の小さな田舎町の保安官という役どころ。エクスペでは弾けまくってたので、本作は地味目な渋い映画にするのかなと思っていたが、それは全くの見当外れ。途中までは老保安官の日常をゆったり描いていたが、クライマックスでは脱獄囚の麻薬王と完全武装した兵隊を相手に機関銃をぶっ放し、逃げる麻薬王とカーチェイスを繰り広げ、最後は肉弾バトルを繰り広げるという、完全なるシュワちゃん映画になっていた。

素晴らしい点は、今作でシュワちゃんはこれまでのスタンドプレーをやめて、仲間たち、さらには街の住人たちの力を借りてチーム戦でのバトルに臨んだところだろう。クライマックスこそシュワちゃん単独で麻薬王と戦うことになるが、しっかりと後輩たちにも見せ場を作ってやる度量の広さを見せている。

玄田哲章も主演作の吹き替え作業に臨んだのは『ターミネーター3』以来10年ぶりの事だ。シュワちゃんの年齢とキャラクターに合わせて、老シュワを見事に演じている。特に若い保安官に語りを聞かかせるシーンは最高だ。シュワ版『グラントリノ』といった雰囲気を感じされる。必見。

【ストーリー】
元ロス市警の敏腕刑事オーウェンズ(シュワルツェネッガー)。心に傷を抱え第一線を退いた彼は国境付近の小さな町の保安官となり、静かな週末を過ごしていた。そんな彼にある時FBIから電話が入る。「移送中の凶悪犯・麻薬王のコルテスが逃走、最新鋭の車を操り時速400キロでメキシコ国境に向かっている。君の街を通過するが、手をだすな」。しかし、軍隊並みに訓練された仲間のサポートでFBIを振り切り、凶悪犯は目前に迫る。FBIの応援も間に合わず、十分な武器も無い中オーウェンズは眠っていた闘志を呼び起す。彼は戦闘経験の無い部下と、素人同然の仲間で≪最後の砦(ラストスタンド)≫のチームを結成。最新武装の凶悪集団に対し、第二次世界大戦時代の古い武器で闘いに挑む!!―辺境の町での前代未聞の大決戦が今始まる!

【キャスト】
アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカ―
ジョニー・ノックスヴィル
ロドリゴ・サントロ
ジェイミー・アレクサンダー
ルイス・ガスマン
エドゥアルド・ノリエガ
ピーター・ストーメア ほか

【スタッフ】
監督:キム・ジウン「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」「悪魔を見た」
脚本:アンドリュー・クノアー

 

【映画はこちら】

amazon

netflix_logo

youtube