<見た目が全く同じ映画>特集④『マトリックス リローデッド』

 

見た目が全く同じ!映画特集④

今週末に公開される映画『ジェミニマン』は凄腕の暗殺者が<若き日の自分>に命を狙われるというSF映画。主演ウィル・スミスが1人で2役を演じていること、監督がアカデミー賞監督賞を2回受賞したアン・リーであることで話題になっている。そんな『ジェミニマン』公開に併せて今週の「今夜なに観る?」コーナーでは「見た目が全く同じ!」映画を特集します!

『マトリックス リローデッド』(2003年)

●もはや数の暴力!100人スミスで新技術開拓は成るか!?

キアヌ・リーブスの人気を不動のものに近未来SFアクションの第2弾。引きこもりハッカーのネオが世界の真実に気付き、反乱を起こしたコンピューターから人類を救う救世主として戦いに身を投じていく。前作で提示された独特の世界観はさらに広く深く描かれ、アクション描写ともに格段にパワーアップしている。

The-Matrix-Reloaded_006

【ストーリー】
あと数時間もすれば、人類最後の都市ザイオンは、人類滅亡をプログラムされた25万のセンチネルに侵略されてしまう。だが、モーフィアスの信念に揺るぎはなかった。オラクル(預言者)の預言では、救世主がマシンとの戦いに必ず決着をつけてくれる—人類の未来と希望は、救世主として覚醒したネオに託された!ネオ、トリニティー、モーフィアスの3人は驚異の肉体と武器を携え、この戦いに終止符を打つべくマトリックスへ乗り込む。ネオはマシン軍団に包囲されたザイオンを救うべく、その超人力を全開させた。

The-Matrix-Reloaded_004

1999年に公開された前作は、ウォシャウスキー兄弟(当時)監督によって生み出され、押井守監督の『攻殻機動隊』的な雰囲気、ジョン・ウー監督の2丁拳銃アクション、さらにカンフー、ワイヤーアクションといった様々な要素をサイバーパンクの世界観とミックスさせた超意欲作として誕生した。

中でも発射された弾丸を超スピードで避ける主人公ネオの様子を、スローモーション+360度で回り込むアングルで見せた新技術『バレットタイム』は世界中を驚かせ、後に様々なアクション映画で安っぽい「なんちゃってバレットタイム」が氾濫したほどフレッシュな演出方法として記憶に残ってる人も多いだろう。

The-Matrix-Reloaded_002

本作『マトリックス リローデッド』では、大成功を収めた前作に続いて新しく驚きに満ちた演出が期待されていた。ウォシャウスキー監督は粗製乱造されたバレットタイムのように、おいそれとは真似できない高度な技術が劇中で使われていると当時のインタビューで発言しており、ファンは一体どんな映像が見れるのかと心待ちに公開を待ちわびていた。

満を持してスクリーンに映し出されたのが通称“100人スミス”だ。前作のラストで救世主として覚醒したネオに惨敗し粉々に粉砕されたエージェント・スミスが、マトリックスから解放されコンピューターウイルスのように他人に自らを上書きコピーして次々に増えていく。倒しても倒しても溢れ出てくるスミスに、さすがのネオも次第に苦戦してしまうのだが・・・。

The-Matrix-Reloaded_001

「ヴァーチャル・シネマトグラフィー」という当時の新技法によって、ひとりのエージェント・スミスを100人に増やすという手法だったのだが、アナログとデジタルの絶妙なバランスが素晴らしかった前作と変わって、「そうか、CG技術の向上に力を入れたんだな」という印象。

実際に100人スミスの戦闘シーンは素晴らしい出来なのだが、『ジュラシック・パーク』以降のCG技術向上は凄まじく、2003年時の我々観客の目はかなり肥えてしまっていたのでバレットタイムほどの驚きはなかった。だからと言ってCGが安っぽいわけではなく、映画終盤のカーチェイスシーンは、実はほとんどの車がCGで描かれていたと知ったときは驚愕したものだ。

The-Matrix-Reloaded_003

次回作の『マトリックス レボリューション』でこの3部作は一応の完結を迎えてはいるのだが、つい先日、シリーズ第4作の製作が発表された。噂は以前から出ていたものの、当然リブートだと思い込んでいたので、キアヌ・リーヴスほか主要登場人物も続投すると言われている最新作は驚きしかない。そして、第1作目から20年経ったいま、「バレットタイム」のような面白い演出に出会えるのか、期待は膨らむばかりだ。

The-Matrix-Reloaded_poster

『マトリックス リローデッド』(2003)

監督:ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー
製作:ジョエル・シルバー
キャスト:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィーヴィング ほか

 

【配信はこちら】

youtube

 

netflix_logo

 

Hulu1

 

 

ページトップへ